コボットPortal

IMAPメールを取得(旧:IMAPメールメッセージを取得)

「IMAPメールを取得」アクティビティのご紹介をします。

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Mail.GetIMAPMailMessages

2.説明

Studio バージョン 2.0.2.0まで

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「メール」 > 「IMAPメールメッセージを取得」

Studio バージョン 2.0.3.0から

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「メール」 > 「IMAP」 > 「IMAPメールを取得」

指定したメールサーバーからメールを取得します。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.1.1.2
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
オプションセキュア接続ドロップダウン選択SSL/TLSの暗号化を使用する場合に指定する。選択肢は「None」「Auto」「SslOnConect」「StartTls」「StartTlsWhenAvailable」の5つ。
メッセージを削除チェック項目チェックを入れた場合、取得したメッセージのうち既読メッセージを削除する。
既読にするチェック項目チェックを入れた場合、取得したメッセージを既読にする。
取得件数値を入力(Int32型)取得する件数の最大数を設定する。
未読メッセージのみチェック項目チェックを入れると未読メッセージのみ取得する。
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。(詳細は「プロパティ項目「パブリック」について」を参照)
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
ホストサーバ値を入力(String型)取得を行うメールサーバーのホストを設定する。
ポート値を入力(Int32型)取得を行うメールサーバーのポート番号を設定する。
メールフォルダ値を入力(String型)取得を行うメールフォルダを設定する。
ログオンパスワード値を入力(String型)アカウントのパスワードを設定する。
メールアカウント値を入力(String型)取得を行うアカウントを設定する。
一般タイムアウト値を入力(Int32型)エラーが発生する前に指定した時間(ミリ秒)待機する。
出力メッセージ値を入力(List<MailMessage>型)取得したメッセージを格納する変数を設定する。

※コボットStudio/Agent2.1.1.2現在、以下3点のバグが確認されております。ご迷惑をおかけいたしますが、修正まで今しばらくお待ちください。
1.「Toが空白」かつ「別ドメインからBcc指定で送信された」メールは取得の際に無視される。
2.コボットStudioの言語設定が「日本語」だと実行しても取得が0件になる。
→暫定対処としてコボットStudioの言語設定を「英語」にして実行いただくことで実際の件数を取得できます。ただし、1.に該当するメールに関しては言語設定を「英語」にしても取得されません。
3.コボットStudioからコボットAgentにPublishして実行すると、コボットStudioやコボットAgentの言語に関係なくIMAPメールの取得ができません。



4.使い方

「IMAPメールを取得」アクティビティの実際の使用例を元に説明します。

【例】IMAPメールサーバーから全メールを取得し、取得したメールの件数をメッセージボックスに表示する。

セキュリティの観点から一部アクティビティに設定する値をあらかじめ以下のように変数を作成して設定しておきます。変数の作成方法につきましては「変数の作成」をご参照ください。

  • 「ホスト > サーバ」:String型変数 Server
  • 「ホスト > ポート」:Int32型変数 Port
  • 「ログオン > パスワード」:String型変数 Password
  • 「ログオン > メールアカウント」:String型変数 Account

「メール」 > 「IMAP」 > 「IMAPメールを取得」アクティビティをドラッグ&ドロップでデザイナーパネルに配置します。

次にサーバーへの接続設定を行います。以下のプロパティをご自身の環境に合わせて設定してください。

  • 「オプション > セキュア接続」
  • 「ホスト > サーバ」
  • 「ホスト > ポート」
  • 「ホスト > メールフォルダ」
  • 「ログオン > パスワード」
  • 「ログオン > メールアカウント」

※以下の画像は設定例になります。

参考に今回の設定例を以下に記載します。

  • 「オプション > セキュア接続」:Auto
  • 「ホスト > サーバ」:Server
  • 「ホスト > ポート」:Port
  • 「ホスト > メールフォルダ」:"Inbox"
  • 「ログオン > パスワード」:Password
  • 「ログオン > メールアカウント」:Account

次にサーバー接続情報以外のプロパティについても設定を行います。「オプション > 未読メッセージのみ」プロパティと「出力 > メッセージ」プロパティをそれぞれ以下のように設定します。

  • 未読メッセージのみ:チェックを外す
  • メッセージ:List<MailMessage>型変数 ※今回は「GetMessage」を設定し、以後「GetMessage」と記載します。

「コア」 > 「ダイアログ」 > 「メッセージボックス」アクティビティをデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置し、「入力 > テキスト」プロパティに「GetMessage.Count.ToString + "件取得しました"」と設定します。

「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行します。実行すると以下の画像のようにメッセージボックスが表示されます。

※コボットStudio/Agent2.1.1.2現在バグがございます。詳細はこちらをご覧ください。

印刷
H
Hyuga is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。