コボットPortal

Excelアプリケーションスコープ

「Excelアプリケーションスコープ」アクティビティについてご紹介します。アクティビティの概要と使用例を参考に使い方をご説明します。


1. アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Excel.ExcelApplicationScope


2. 説明

Studio バージョン 2.0.2.0まで

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Excel」 > 「Excelアプリケーションスコープ」

Studio バージョン 2.0.3.0から

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Excel」 > 「Interop」 > 「Excelアプリケーションスコープ」

Excelを開き、Excelのアクティビティを行います。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.2.0.1
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3. プロパティ 

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
オプションプロパティExcel

値を入力(Dictionary型)指定したデータを読み込む。

マクロ設定

ドロップダウン選択
マクロレベルの設定を行う。

・EnableAll - すべてのマクロが有効になり、実行できるようにする。
・DisableAll - 指定された Excel ファイルですべてのマクロが無効になり、マクロを実行できないようにする。
・ReadFromExcelSettings - 現在の Excel マクロ設定を読み取る。
リンク解除

チェック項目Excel内のリンクを解除する。
自動保存

チェック項目
チェックを入れることで、Excelでアクティビティの実行直後にファイルを保存できる。
読み取り専用

チェック項目
読み取り専用モードでExcelを開く。チェックを入れると、編集のためにロックされているか、編集パスワードが設定されている Excel ファイルでデータ抽出操作を実行できる。

表示

チェック項目操作をデスクトップ上に表示する。
その他パブリックチェック項目アクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。(詳細は「プロパティ項目「パブリック」について」を参照)
表示名

任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
ファイルパスワード

値を入力(String型)Excelを開く際にパスワードを入力するよう設定する。
パスワードを編集

値を入力(String型)
Excelを編集する際にパスワードを入力するよう設定する。
ワークブックパス

値を入力(String型)読み込むExcelのパスを設定する。
既存ワークブックを使用既存のワークブック

値を入力(WorkbookApplication型)事前にExcelのデータを格納してあるWorkbookApplication変数を読み込む。
出力ワークブック値を入力(WorkbookApplication型)WorkbookApplication変数として格納されたエクセルの情報全体を指す。
他のExcelアプリケーションスコープアクティビティで利用されているWorkbookApplication変数を設定することができる。


4. 使い方

「Excelアプリケーションスコープ」「Excelセルを書き込む」の使用例を参考に説明します。
【例】sample.xlsx」内のセル番号A1に文字列「test」を入力する
※事前にデスクトップ上に空欄のExcelファイルとして「sample.xlsx」を作成します。

まず、Excelアプリケーションを開くための設定を行います。

①「Excelアプリケーションスコープ」アクティビティを、シーケンス内にドラッグアンドドロップで配置します。
②操作対象となるExcelファイルのパスを指定します。
今回の操作対象である「sample.xlsx」を開くために、アクティビティ内の枠にsample.xlsxのパスとして「"C:\Users\(ユーザー名)\Desktop\sample.xlsx」と入力します。
※プロパティ「ファイル>ワークブックパス」に「"C:\Users\(ユーザー名)\Desktop\sample.xlsx”」と入力する方法でも設定可能です。

これで「Excelアプリケーションスコープ」の設定は完了です。


次に、セル番号A1に文字列「test」を入力するための設定を行います。

③「Excelセルに書き込む」アクティビティを、「Excelアプリケーションスコープ」内にドラックアンドドロップで配置します。 ④プロパティ「入力 > シート名」に「sample.xlsx」の書き込みたいシート名「"Sheet1"」と入力します。
⑤プロパティ「入力 > セル」に「sample.xlsx」の書き込みたいセル番号「"A1"」と入力します。
⑥プロパティ「入力 > 値」に「sample.xlsx」に書き込みたい値「"test"」と入力します。

これで「Excelセルに書き込む」の設定も完了です。

ロボット実行後、「sample.xlsx」は以下のように「test」と書き込まれます。


印刷
S
Shiori is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てずに申し訳ございません。この記事を向上させるためにフィードバックをお願い致します。