コボットPortal

Excelアプリケーションスコープ

「Excelアプリケーションスコープ」アクテビティについてご紹介します。アクテビティの概要と使用例を参考に使い方をご説明します。


目次
  1. アクティビティのプログラム名
  2. 説明
  3. プロパティ
  4. 使い方
  5. サンプル


1. アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Excel.ExcelApplicationScope


2. 説明

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Excel」 > 「Excelアプリケーションスコープ」

Excelを開き、Excelのアクティビティを行います。


3. プロパティ 

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
オプションプロパティExcel値を入力(Dictionary型)指定したデータを読み込む
リンク解除チェック項目Excel内のリンク解除
表示チェック項目操作をデスクトップ上に表示
その他パブリックチェック項目アクテビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、センターにプッシュされる
表示名値を入力(String型)アクティビティ名を変更
ファイルパスワード値を入力(String型)Excelを開く際にパスワード入力
ワークブックパス値を入力(String型)指定したExcelのパスを読み込む
既存ワークブックを使用既存のワークブック値を入力(WorkbbokApplication型)既に格納してあるWorkbbokApplication変数を読み込む
出力ワークブック値を入力(WorkbbokApplication型)ワークブックパスで指定したExcelを変数に格納


4. 使い方

「Excelアプリケーションスコープ」「Excelセルを書き込む」の使用例をを参考に説明します。

【例】「sample.xlsx」内のセル番号A1に文字列「test」を入力する

まず、Excelアプリケーションを開くためのアクティビティです。
コボットStudioの「Excelアプリケーションスコープ」アクティビティを、指定のシーケンス内にドラックアンドドロップで配置します。アクティビティを追加後、操作対象となるExcelファイルのパスを指定します。下記画面キャプチャのイメージです。

入力対象の「sample.xlsx」を開くために、
②「プロパティ」>「ファイル」>「ワークブックパス」「sample.xlsxのパス」
を入力すれば「Excelアプリケーションスコープ」の設定が完成します。

次に、セル番号A1に文字列「test」を入力するためのアクティビティです。
コボットStudioの「Excelセルを書き込む」アクティビティを、「Excelアプリケーションスコープ」内にドラックアンドドロップで配置します。アクティビティを追加後、書き込み先シート名とセル番号、そして書き込みたい値を設定します。下記画面キャプチャのイメージです。

書き込みを実現するために、
④「プロパティ」>「入力」>「シート名」に「sample.xlsx」のシート名「"Sheet1"」
⑤「プロパティ」>「入力」>「セル」に「sample.xlsx」の書き込むセル番号「"A1"」
⑥「プロパティ」>「入力」>「値」に「sample.xlsx」に書き込みたい値「"test"」
を入力すれば「Excelセルを書き込む」の設定が完成します。

下記の画面キャプチャのイメージは、ロボット実行後のExcelファイル「sample.xlsx」のイメージ図です。具体的な設定は、下記のサンプルロボットをご確認ください。


5. サンプル

Excelアプリケーションを開いた後、Excelファイル内に書き込むを行うサンプルロボットです。(動作確認しているバージョン:2.0.1.3)

■Excelアプリケーションスコープ:sample_excelapplicationscope.zip

サンプルロボットのダウンロード方法と開き方

サンプルロボットのダウンロード方法と開き方は、こちらの記事をご参照ください。

印刷
徳田 is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。