コボットPortal

ショートカットキーを送信

「ショートカットキーを送信」アクテビティについてご紹介します。アクテビティの概要と使用例を参考に使い方をご説明します。

目次
  1.  アクティビティのプログラム名
  2.  説明
  3.  プロパティ
  4.  対応キー
  5.  使い方


1. アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Windows.SendHotKey


2. 説明

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「ウィンドウアプリケーション」 > 「ショートカットキーを送信」

指定したUI要素に文字を入力します。
ブラウザを開く内で使用します。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.0.1.8  2.0.2.0
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3. プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他Altキーチェック項目Altキーをキー修飾子として追加する
Ctrlキーチェック項目Ctrlキーをキー修飾子として追加する
Shiftキーチェック項目Shiftキーをキー修飾子として追加する
Windowsキーチェック項目Windowsキーをキー修飾子として追加する
キードロップダウン選択ドロップダウン選択で指定したショートカットキーを送信する
キー引数値を入力(String型)引数として記載したキーを送信する
パブリックチェック項目アクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる
表示名値を入力(String型)デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される
入力要素値を入力(AutomationElement型)実行対象の要素を入力する


4. 対応キー一覧

ショートカットキー
キー内容
LBUTTON
左クリック
RBUTTON
右クリック
BACKSPACE
BackSpace キー
TABTab キー
ENTEREnter キー
SHIFTShift キー
CONTROLCtrl キー
ALTAlt キー
PAUSEPause キー
CAPSLOCKCaps Lock キー
ESCEsc キー
SPACESpace キー
PGUPPage Up キー
PGDOWNPage Down キー
ENDEnd キー
HOMEHome キー
LEFT←キー
UP↑キー
RIGHT→キー
DOWN↓キー
PRINTSCREENPrint Screen キー
INSERTInsert キー
DELETEDelete キー
KEY_0

KEY_9
0 キー

9 キー
KEY_A

KEY_Z
A キー

Z キー
WINDOWSキー
NUMPAD0
~
NUMPAD9
0 キー (テンキー)

9 キー (テンキー)
ADD加算記号 (+) キー
SEPARATOR区切り記号キー
SUBTRACT減算記号 (-) キー
DECIMAL小数点キー
DIVIDE除算記号 (/) キー
F1

F12
F1 キー

F12 キー
NUMLOCKNum Lock キー
SCROLLLOCKScroll Lockキー
MENUKEYアプリケーションキー
または
メニューキー
OEM_1

OEM_8
OEM 1 キー

OEM 8 キー
OEM_PLUSOEM 加算 キー
OEM_COMMAOEM コンマ キー
OEM_MINUSOEM マイナス キー
OEM_PERIODOEM ピリオド キー
OEM_102OEM 102 キー


5. 使い方

「ショートカットキーを送信」アクティビティの使用例を参考に説明します。

【例】メモ帳で開いたファイルに対して、文章をコピーし文末にペーストする

次のテキストファイルに対して、”テストデータ”というテキストをコピーして文末にペーストするワークフローを作成します。

「ウィンドウを開く」でテキストファイルを開く設定を行います。
その後、「ウィンドウを開く」アクティビティの中の「実行」シーケンスの中に、「ショートカットキーを送信」アクティビティを配置します。

メモ帳の画面に対して全選択(Ctrl+a)を行うために、Ctrlキーにチェックを入れ、キー引数に"a"を設定します。

選択したテキストをコピーする(Ctrl+c)ために、
「ショートカットキー送信」アクティビティを配置し、Ctrlキーにチェックを入れ、キー引数に"c"を設定します。

テキストの文末にカーソルを移動させるために、キーに"RIGHT"を設定します。

コピーしたテキストを貼り付ける(Ctrl+v)ために、
「ショートカットキー送信」アクティビティを配置し、Ctrlキーにチェックを入れ、キー引数に"v"を設定します。

ワークフローを実行すると、メモ帳にもともと記載されていた"テストデータ"が文末にコピー&ペーストされます。

何回か同じことを繰り返して動作を確認していると、たまにファイルは開くもののコピー&ペーストが行われないことが起こる可能性があります。
その場合、以下の設定を行うことで、動作が安定いたします。
「ウィンドウを開く」アクティビティ>プロパティ「出力ウィンドウ」:変数Window(WindowApp型)を設定
「ショートカットキー」アクティビティ>プロパティ「要素」Window.GetMainWindowを設定

印刷
M
Masaya is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。