コボットPortal

データテーブル関連の処理

DataTableクラスのメソッドやプロパティを用いたデータテーブル関連の代表的な操作をご紹介します。

項番処理内容処理関数
1DataTable型変数からDataColumnを取得する
DataTable.Columns(列番号)
2-1DataTable型変数からDataRowを取得する
DataTable.Rows(行番号)
2-2
取得したDataRowから中の値を取り出す
DataTable.Rows(行番号).item(列番号)

今回は以下のようなデータテーブル(変数名:DataTable)を例に説明します。

NoNamePriceStock
1イチゴ200
30
2リンゴ10050
3モモ15020
4オレンジ10050
5ブドウ20015

1. DataTable型変数からDataColumnを取得する

例)1番目のDataColumnを取得したい場合

DataTable.Columns(0) ※()内の列番号は0からスタートします。

メッセージボックス入力例

出力例

※詳細は「DataTable.Columnsプロパティ(Microsoft)」をご参照ください

2. DataRowの操作

2-1. DataTable型変数からDataRowを取得する

例:DataTable.Rows(0)

この場合上記データテーブルの以下の部分を取得しています。

1イチゴ20030

※詳細は「DataTable.Rowsプロパティ(Microsoft)」をご参照ください

2-2. 取得したDataRowから中の値を取得する

例:DataTable.Rows(0).item(1)

メッセージボックス入力例

出力例

※詳細は「DataRow.itemプロパティ(Microsoft)」をご参照ください

印刷
H
Hyuga is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。