コボットPortal

Web属性を設定(IE)(旧:Web要素を設定)

「Web属性を設定」アクティビティについてです。※現在ナレッジ準備中です

※コボットStudio2.0.4.0からアクティビティ名が「Web要素を設定」→「Web属性を設定」に変更されました

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.IE.SetWebAttribute

2.説明

Studio バージョン ~2.0.3.0

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Internet Explorer」 > 「Web要素を設定」

Studio バージョン 2.0.4.0~2.1.0.0

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Internet Explorer」 > 「Web属性を設定」

Studio バージョン 2.1.1.1(RCA.Activities.IE バージョン 2.1.0.1)~

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Internet Explorer」 > 「Web属性を設定(IE)」

※コボットStudio/Agent2.1.1.1リリース時のアクティビティ(RCA.Activities.IE バージョン 2.1.0.1)から、アクティビティ名の後ろに(IE)が付きました。アクティビティのバージョンを更新する方法は「アクティビティの追加・削除方法(2.1.0.0~)」をご参照ください。

The Set Web Attribute sets the value for an attribute of a web element on Internet Explorer.

Internet ExplorerのWeb要素の属性の値を設定します。
「IE>ブラウザを開く(IE)」「IE>ブラウザにアタッチ(IE)」アクティビティ内で使用します。

3.プロパティ

プロパティ一覧のみ掲載します。
※システム内部で保有しているプロパティを記載している場合があり、コボットStudio画面内で確認不可のものが一部ございます。ご了承ください。

Attribute ・・・ Name of the attribute to set the value. This property supports String variable so it must be quoted.

ContinueOnError ・・・ A Boolean variable has two possible values: True or False. True: allows the rest of the process to continue the execution even an error occurs within the activity. False (default): blocks the process from continuing the execution.

From ・・・ Variable that identifies the element to get value of attribute from. Only support for IEElement type.

ScrollHeight ・・・ Scroll before getting the element. To input a number equals to the amount pixel to scroll vertically. A negative value is to scroll upwards, a positive value is to scroll downwards.

ScrollWidth ・・・ Scroll before getting the element. To input a number equals to the amount pixel to scroll horizontally. A negative value is to scroll to the leftwards, a positive value is to scroll rightwards.

Selector ・・・ String of characters that identifies the specified element.

Value ・・・ The value of the specified attribute. This property supports String variable so it must be quoted.

DisplayName ・・・ The display name of this activity. You can edit the name of the activity to organize and structure your code better.

ScrollIntoView ・・・ If selected, screen will automatically scroll to the desired element on the screen.

TimeoutMS ・・・ The amount of time (in milliseconds) to wait for the activity to run. Default value: 2000 (milliseconds).

4.使い方

準備中

印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。