コボットPortal

Outlookメールを移動

Outlookメールメッセージを指定されたフォルダーに移動する「Outlookメールを移動」アクテビティについてです。

目次
  1. アクティビティのプログラム名
  2. 説明
  3. プロパティ
  4. 使い方


1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Mail.MoveOutlookMessage


2.説明

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「メール」 > 「Outlookメールを移動」

Outlookメールメッセージを指定したフォルダーに移動します。指定したフォルダーが存在しない場合、エラーをスローします。


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。
表示名値を入力(String型)デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
入力アカウント値を入力(String型)移動するメッセージへのアクセスに使用されるアカウント。
メールフォルダ値を入力(String型)メッセージの移動先メールフォルダーを指定する。指定したフォルダが存在しない場合、エラーがスローされる。
メールメッセージ値を入力(MailMessage型)移動するメールメッセージのオブジェクトを指定する。


4.使い方

Outlookの受信トレイから昨日のメールを取得し、Outlookのフォルダ「アーカイブ」に移動させるロボットを作成します。


アクティビティ「メール > Outlookメールメッセージを取得」をツールボックスからデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置し、Outlookの受信トレイから昨日のメールを取得するよう以下のようにプロパティを設定します。※このアクティビティについての詳細は「Outlookメールメッセージを取得」を参照してください。

オプションフィルタ
"@SQL= %yesterday(urn:schemas:httpmail:datereceived)%"
既読にするチェックする
先頭
Int32.Maxvalue
未読メッセージのみチェックなし
出力メッセージList<MailMessage>型の変数「messageList」
入力アカウントOutlookのメールアカウント
メールフォルダ"受信トレイ"


取得したメールを1件ずつ処理します。アクティビティ「コントロールフロー > 繰り返し(コレクションの各要素)」を、ツールボックスからデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置し、アクティビティ内「価値」にメールメッセージのリストを格納した「messageList 」を指定します。プロパティパネルの「その他 > TypeArgument」は「System.Net.Mail.MailMessage型」を選択します。型の参照から「MailMessage」で検索すると候補として表示されます。※このアクティビティについての詳細は「繰り返し(コレクションの各要素)」を参照してください。


アクティビティ「メール > Outlookを移動」を、ツールボックスからデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置します。


メールメッセージの移動先フォルダを設定します。アクティビティ内「入力 > メールメッセージ」に「item」を、「入力 > メールフォルダ」に「"アーカイブ"」を設定します。


「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行します。


実行結果です。

印刷
徳田 is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。