コボットPortal

演算について

変数を用いた演算の方法についてご紹介します。ここでは数値型(Int32型)を例にして説明をしております。

目次
  1. 数値型(Int32型)
  2. 変数を用いた計算


1.数値型(Int32型)

数値を用いる際に使用します(小数点は除く)。
主に計算をする場合に使用します。


2.変数を用いた計算

変数を用いて計算を行う場合、変数の型によって結果が大きく異なります。

例)
■Int32型(数値型)の場合
1 + 1 = 2
数値型同士で計算を行った場合は、数値として判定されるので数値での計算を行います。

■String型(文字列型)の場合
1 + 1 = 11
文字列型同士で計算を行った場合は、文字列と文字列の連結を行います。
文字列型(String型)はこちらの記事でご紹介します。

このようにInt32型の場合は数値の計算を行い、String型の場合は文字列の連結を行います。

ヒント

異なる型同士での計算は行えませんので注意しましょう。

印刷
松本 is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。