コボットPortal

コボットStudioにChromeのバージョンを追加する方法

コボットStudioにChromeのバージョンを追加する方法についてご紹介します。

1.Chromeのバージョンについて

コボットStudio起動直後の画面の「オプション > 実行」上でChromeのバージョンを指定することができますが、ChromeのアップデートとコボットStudioのアップデート頻度に差があるため、利用しているChromeのバージョンが選択肢に含まれないケースがございます。

それを回避するための方法として、手動で新しいバージョンのChromeDriverをコボットStudioに追加する方法を記載しています。

※こちらの手順を行なう際はご自身の責任でのご対応をお願いいたします。

※「ブラウザ」のカテゴリ内のアクティビティを使用せず、コボットStudio2.1.1.1リリース時に追加された「Native Browser」のカテゴリ内のアクティビティのみを使用する場合は当設定不要です。


2.設定手順

以下手順はPCの管理者権限を保有しているユーザーでの実行を前提として記載いたします。

Chromeバージョン88のChromeDriverを追加する場合の手順を記載いたします。実施タイミングのChromeのバージョンをご確認の上、適宜フォルダ名を変更してご対応お願いいたします。

まず、「C:\Program Files\kobot Platform\WebDriver\ChromeDriver」フォルダ内に「88」という名前のフォルダを手動で作成します。

次に「ChromeDriver - WebDriver for Chrome」にアクセスし、Ver.88のChromeDriverをダウンロードします。
※64bit版/32bit版に関係なく「win32」とついたzipファイルをダウンロードします

ダウンロードしたZIPファイルを必ず解凍してください。解凍後のフォルダ内に「chromedriver.exe」というexeファイルがあるので、exeファイルをコピーします。

「C:\Program Files\kobot Platform\WebDriver\ChromeDriver」内に作成した「88」フォルダの中に、コピーしたexeファイルを貼り付けます。

コボットStudioを起動し画面左側の「オプション」をクリックします。

「実行」タブをクリックします。

実行タブを開くとブラウザのバージョンがドロップダウンリストから選択できるので、「Chrome」のリストから「88」を選択し「OK」を押下します。

以上で設定完了です。

印刷
H
Hyuga is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。