コボットPortal

ログにメッセージを出力

「ログにメッセージを出力」アクテビティについてです。

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Core.LogMessage

2.説明

Studio バージョン ~2.0.2.0

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「コア」 > 「ログにメッセージを出力」

Studio バージョン 2.0.3.0~

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「コア」 > 「ログ」 > 「ログにメッセージを出力」

指定したメッセージを表示させることができます。Studioで実行した場合にはStudioの出力画面にメッセージが表示され、Centerから実行した場合はCenterにログが表示されます。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.0.2.0、2.0.3.0、2.0.4.0
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。
表示名値を入力(String型)デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
入力
メッセージ値を入力(Object型)表示させるメッセージを入力。
レベルプルダウン選択ログレベルをプルダウンにて選択。※

※ログレベルをプルダウンでFatal/Error/Warn/Info/Traceから選択できます。

「レベル」プロパティを設定した際にログに出力されるレベルの表示は次の通りです。

レベル表示
FatalFATAL
ErrorERROR
WarnWARNING
InfoINFORMATION
Trace

※「Trace」は、コボット Studio 2.0.4.0時点ではコボット Agentの「ログレベル」を「ALL」に設定している場合のみ表示されますが、Agent の「ログレベル」を「Debug」も設定した場合も表示されるよう修正中です。

4.使い方

「コア」>「ログ」>「ログにメッセージを出力」アクティビティをツールボックスからデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置します。

「レベル」プロパティをプルダウン選択します。今回は「Warn」を選択します。※どのレベルを選択するかはロボットの作成・設計者にてご判断ください。

「メッセージ」プロパティに表示させたいメッセージを設定します。今回は「 "Warnのメッセージを出力します" 」を設定します。

「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行すると、出力画面内にログが表示されます。今回の場合は実行日時と共に「WARNING Warnのメッセージを出力します」とメッセージが表示されました。

実際は、別アクティビティの結果などを変数に格納しておき、「ログにメッセージを出力」アクティビティの「メッセージ」プロパティに変数を含めてメッセージを出力する、などのように利用することが多いです。

印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。