コボットPortal

要素が存在するまで待機(B)

「要素が存在するまで待機」アクティビティについてご紹介します。アクティビティの概要と使用例を参考に使い方をご説明します。


1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Browser.WaitElementExist


2.説明

Studio バージョン ~2.1.0.0

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「ブラウザ」 > 「要素が存在するまで待機」

Studio バージョン 2.1.1.1(RCA.Activities.Browser バージョン 2.1.0.1)~

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「ブラウザ」 > 「要素が存在するまで待機(B)」

※コボットStudio/Agent2.1.1.1リリース時のアクティビティ(RCA.Activities.Browser バージョン 2.1.0.1)から、アクティビティ名の後ろに(B)が付きました。アクティビティのバージョンを更新する方法は「アクティビティの追加・削除方法(2.1.0.0~)」をご参照ください。

指定の要素が存在するまで待機します。
「ブラウザ > ブラウザを開く」アクティビティ内で使用します。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.0.1.3、2.0.1.7
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。(詳細は「プロパティ項目「パブリック」について」を参照)
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
一般エラー時に続行値を入力(Boolean型)エラー時に後続の処理に進む
タイムアウト値を入力(Int32型)エラーになる前に指定した時間待機する(ミリ秒)
出力見つかった要素値を入力(IWebElement型)指定した要素を出力
入力セレクタを編集値を入力(String型)要素を指定でクリックしたUI要素の詳細が反映される
表示されるまで待機チェック項目タイムアウトで指定した時間内で、要素が表示されるまで待機する


4.使い方

「要素が存在するまで待機」アクティビティの使用例を参考に説明します。

【例】Chromeで任意のページを開き、開いたページに指定した要素があれば「要素あり」、なければ「要素なし」のメッセージを表示する

「ブラウザ > ブラウザを開く」アクティビティで既に開きたいページのURLを設定している状態、かつ、「完了または障害が発生した場合にブラウザを終了」プロパティのチェックをはずした状態で、「要素が存在するまで待機」アクティビティを「ブラウザを開く」アクティビティ内にドラッグアンドドロップで配置します。

「要素を指定」をクリックし、探したい要素を指定します。文字情報や画像、入力欄なども指定できます。
要素の選択方法は「セレクターの使い方」をご参照ください。

「要素が存在するまで待機」アクティビティのプロパティ項目「見つかった要素」に変数elementを新規作成して設定します。変数を新規作成する方法は「変数の作成」をご参照ください。

「条件分岐」アクティビティを「要素が存在するまで待機」の下側に配置します。

「条件分岐」アクティビティの「条件(Condition)」に、"element isnot nothing"を記載します。
要素が見つかった場合、Thenに記載した処理が実行され、逆に見つからなかった場合はElseに記載された処理が実行されます。

Then,Elseのそれぞれに「メッセージボックス」アクティビティを設置し、表示させたい言葉をを設定します。

全て設定すると、以下の図のようになります。

作成したワークフローを実行すると、要素が見つかった場合は以下のメッセージが表示されます。

印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。