コボットPortal

Excel範囲を選択

Excelファイル上で指定した範囲を選択する「Excel範囲を選択」アクテビティについてです。

目次
  1. アクティビティのプログラム名
  2. 説明
  3. プロパティ
  4. 使い方


1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Excel.ExcelSelectRange


2.説明

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Excel」 > 「Excel範囲を選択」

「Excelアプリケーションスコープ」内で利用します。指定した範囲を選択します。選択後に自動保存はされないため、保存をしたい場合は「Excelワークブックを保存」アクティビティなどと組み合わせる必要があります。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.0.1.8
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます



3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。
表示名値を入力(String型)デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
入力
シート名値を入力(String型)選択するセルがあるシート名を設定する。
範囲値を入力(String型)選択するセルを設定する。


4.使い方

指定した範囲を選択する流れをご紹介します。

予めExcelファイルを準備します。今回はプロジェクトフォルダ内に「範囲指定サンプル.xlsx」を準備しました。「テスト」シートのA1:B2の4つのセルが選択された状態で保存されています。

まず「Excelアプリケーションスコープ」アクティビティをドラッグアンドドロップでデザイナーパネルに配置します。

「ファイル>ワークブックパス」プロパティに「"範囲指定サンプル.xlsx"」を入力します。

「Excel>Excel範囲を選択」アクティビティをドラッグアンドドロップでデザイナーパネルに配置します。

「入力>シート名」プロパティに「"テスト"」を入力、「入力>範囲」プロパティに「"A1:C3"」を入力します。

※「入力>シート名」プロパティに存在しないシート名を入力した場合は、実行時にエラーになります。「入力>範囲」プロパティには「"A1"」のように一つのセルを指定することも可能です。

シートを選択しただけではファイルの上書き保存が実行されないので、「Excel>Excelワークブックを保存」アクティビティをドラッグアンドドロップでデザイナーパネルに配置し、「範囲指定サンプル.xlsx」ファイルが上書き保存されるようにします。

「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行します。実行後に「範囲指定サンプル.xlsx」ファイルを開くと、A1:C3が選択された状態になっています。

印刷
松本 is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。