コボットPortal

クリック(B)

「クリック」アクテビティについてご紹介します。アクテビティの概要と使用例を参考に使い方をご説明します。


1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Browser.Click


2.説明

Studio バージョン ~2.1.0.0

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「ブラウザ」 > 「クリック」

Studio バージョン 2.1.1.1(RCA.Activities.Browser バージョン 2.1.0.1)~

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「ブラウザ」 > 「クリック(B)」

※コボットStudio/Agent2.1.1.1リリース時のアクティビティ(RCA.Activities.Browser バージョン 2.1.0.1)から、アクティビティ名の後ろに(B)が付きました。アクティビティのバージョンを更新する方法は「アクティビティの追加・削除方法(2.1.0.0~)」をご参照ください。

指定したUI要素をクリックします。
ブラウザを開くアクティビティ内で使用します

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.0.1.3、2.0.1.6
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他パブリックチェック項目アクティビティのスコープ内のすべての変数と引数がログファイルに書き込まれ、センターにプッシュされる
表示名値を入力(String型)アクティビティ名を変更
一般エラー時に続行値を入力(Boolean型)エラー時に後続の処理に進む
タイムアウト値を入力(Int32型)エラーになる前に指定した時間待機
入力クリックタイプドロップダウン選択クリックの種類を選択
セレクタを編集値を入力(String型)対象要素を指定でクリックしたUIボタンの詳細が反映されます
マウスボタンドロップダウン選択マウスボタンの種類を選択
表示されるまで待機チェック項目(Int32型)指定したUIボタンが表示されるまで待機します


「クリック」アクティビティの「入力>クリックタイプ」プロパティには4つ選択肢が用意されています。

「クリックタイプ」プロパティ内容
CLICK_SINGLEシングルクリック(1回クリック)
CLICK_DOUBLEダブルクリック(2回素早くクリック)
CLICK_DOWNマウスのボタンをクリックしたままの状態
CLICK_UPクリックしたままのマウスのボタンを離す

4. 使い方

「クリック」アクティビティの使用例を参考に説明します。Chromeの拡張機能設定を完了している必要がございます。こちらの記事で予め設定をお願いいたします。

【例】Chromeで対象のURLのページを開き、「デモ①」をクリックする

まず「ブラウザ>ブラウザを開く」アクテビティをデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置します。

今回はChromeで特定のURLを開いて操作をしたいので、「入力>URL」プロパティに開きたいページのURL「"http・・・"」、「入力>ブラウザタイプ」プロパティで「Chrome」を選択します。また、ページが遷移したことを後で確認したいので、「一般>完了または障害が発生した場合にブラウザを終了」プロパティのチェックを外しておきます。

次に「ブラウザ>クリック」アクティビティをデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置します。

「クリック」アクティビティ内の「要素を指定」から画面を進め、対象サイトのクリックさせたい要素を選択します。要素の選択方法は「セレクターの使い方」をご覧ください。今回は対象のサイト内にある「デモ①」をクリックしたいので、「デモ①」の部分の要素を指定します。

デモ①の要素を「マウスの左側のボタンで1回クリック」したいので、「入力>クリックタイプ」プロパティを「CLICK_SINIGLE」に指定、「入力>マウスボタン」プロパティを「MOUSE_LEFT」に指定します。これら2つのプロパティは、デザイナーパネル上でも指定可能です。

指定が完了したら、「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行します。実行するとChromeで指定のサイトが開いてから、デモ①を左クリックし、デモ①のページに切り替わります。

「入力>クリックタイプ」プロパティにて「CLICK_DOWN」と「CLICK_UP」の動作を確認したい場合は、「ブラウザを開く」アクティビティ→「クリック」アクティビティ(「クリックタイプ」プロパティに「CLICK_DOWN」を指定)→「待機」アクティビティで数秒待機→「クリック」アクティビティ(「クリックタイプ」プロパティに「CLICK_UP」を指定)などのようにすると、CLICK_DOWNでクリックしたままの状態が数秒続き、CLICK_UPでクリックを離す動作を確認できます。

印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。