コボットPortal

JDK・MySQL・Tomcat・ApacheActiveMQのインストールと設定

コボットCenterのインストールに必要なJDK・MySQL・Tomcat・ApacheActiveMQについて、製品のダウンロードから初期設定までご紹介します。


1. ダウンロードファイルの入手先

以下よりオペレーティングシステムに適したものをダウンロードし、インストールします。
インストール方法や設定などの詳細は、それぞれの項目を参照ください。

製品ダウンロードリンク
JDK
(Java SE Development Kit)
Java SE Development Kit 8u---
MySQL
(データーベース)
MySQL Community Downloads
Apache Tomcat
(Webコンテナ)
Apache Tomcat
ApacheActiveMQActiveMQ 5 Download


2. JDKのインストール

インストーラーのダウンロード手順

ダウンロードファイルの入手先にある「ダウンロードリンク」から、最新のJava SE Development Kitのダウンロードページへ移動します。

※本記事では「Java SE Development Kit 8u321」をダウンロードしています。

画面中ほどに「Linux」「macOS」「Solaris」「Windows」とタブが並んでいるので、「Windows」タブをクリックし、ご利用環境に応じて該当のファイルをダウンロードします。

利用環境が32bitの場合:x86 installer
利用環境が64bitの場合:x64 installerをダウンロードします。


インストール手順

1. ダウンロードしたファイルを管理者権限で実行すると、インストールが開始されます。
本画面では「次」をクリックします。

2.プログラム選択とインストール先フォルダの画面です。
必要に応じて変更し、「次(N) >」ボタンをクリックします。
※必ず変更する必要があるものではありません。

3.インストール進行中の画面が表示され、インストールが開始されます。

4.セットアップの画面です。
必要に応じて変更し、「次(N) >」ボタンをクリックします。
※必ず変更する必要があるものではありません。

5.セットアップ進行中の画面が表示され、セットアップが開始されます。

6.インストール完了画面です。この画面が表示されたらインストール完了です。
「閉じる(C)」ボタンを押して画面を閉じます。


環境変数の設定

JDKのインストールが完了したら、環境変数の「システム環境変数」に変数名「JAVA_HOME」を追加し、インストールした場所を設定します。環境変数とはOSが使用する共通の変数です。「システム環境変数」への設定は、そのコンピュータ全体に対する設定となり、利用しているすべてのアカウントに対して適用されます。

「スタート」を右クリックし、コンテキストメニューから「システム」をクリックします。

表示された「バージョン情報」画面を下へスクロールし、「システム情報」をクリックします。

「システムの詳細設定」をクリックします。

「システムのプロパティ」画面の「詳細設定」タブにある、「環境変数」ボタンをクリックします。

「システム環境変数」の「新規」ボタンをクリックします。

「変数名」に追加したい「JAVA_HOME」を入力し、「ディレクトリの参照」ボタンをクリックします。

JDKがインストールされているフォルダを選択します。
C:\Program Files\Java配下を確認ください。
JDKがインストールされているフォルダを選択できたら「OK」ボタンをクリックします。

変数名「JAVA_HOME」の値にJDKのパスが入力されました。「OK」ボタンをクリックします。

「システム環境変数」に「JAVA_HOME」が追加されました。これで環境変数の設定は完了です。「OK」ボタンをクリックし画面を閉じます。

「システムのプロパティ」画面も「OK」ボタンをクリックし閉じます。
環境設定のために開いた「システム」画面や「バージョン情報」などはウィンドウの右上にある「×」ボタンで閉じます。


3. MySQLのインストール

インストーラーのダウンロード手順

ダウンロードファイルの入手先にある「ダウンロードリンク」から、ダウンロードページ「MySQL Community Downloads」 へ移動します。
画面上リンク「MySQL Installer for Windows」をクリックします。

次の画面にてご使用のオペレーティングシステムに対応するMySQLを選択し、ダウンロードします。
プルダウンメニューから「Windows」を選択しMSI Installerをダウンロードします。
※本記事では「MySQL Installer 8.0.26」をダウンロードしています。



インストール手順

ダウンロードしたファイルを管理者権限で実行すると、インストールが開始されます。
セットアップタイプの選択画面です。「Developer Default」をチェックし、「Next >」ボタンをクリックします。

MySQLの動作に必要な未インストールのソフトウェア一覧が表示されます。

「Status」が「Manual」以外のソフトウェアがある場合、「Execute」ボタンをクリックしダウンロードとインストールを行います。

「Execute」ボタンをクリックしすると以下のような画面になります。

※動作に必要な未インストールのソフトウェアが残っている場合、警告画面が表示されますが、Manualインストールのソフトウェアが対象の場合は「Yes」ボタンをクリックし進んでください。

現状での各コンポーネントの状況一覧が表示されます。

ここでは「Next >」ボタンをクリックします。

デフォルト設定のまま 「Next >」ボタンをクリックします。

認証方法の選択画面です。デフォルト設定のまま「Next >」ボタンをクリックします。

MySQL Server の root アカウントのパスワードを設定する画面です。設定したいパスワードを入力します。

Windowsサービスを構成します。サービス名・起動時に MySQL Server をロードするかどうか・および MySQL Server の Windows サービスの実行方法が含まれます。 デフォルト設定のまま「Next >」ボタンをクリックします。


「Execute」ボタンをクリックします。

「Execute」ボタンをクリックすると、以下のような画面になります。

Finish」ボタンをクリックし完了します。

MySQL製品の構成画面です。個別設定が必要な product の一覧が表示されます。「Next >」ボタンをクリックします。


「MySQL Router 8.0.19」の個別設定は特に行わないので、「finish」ボタンをクリックし完了します。


MySQL製品の構成画面に戻ります。「Next >」ボタンをクリックします。


MySQL Serverへの接続チェックを行います。先ほど設定したroot アカウントのパスワードを入力し、「Check」ボタンをクリックします。

「Check」ボタンをクリックすると、以下のような画面になります。

「Execute」ボタンをクリックします。

「Execute」ボタンをクリックすると順に以下のようになります。

読み込みが完了した状態です。「Finish」ボタンをクリックします。

MySQL製品の構成画面が表示されます。「Next >」ボタンをクリックします。

本画面にてインストール手順は完了です。

・インストール完了後に「MySQL Workbench」を起動する場合には「Start MySQL Workbench after setup」にチェックを入れます。本手順ではこのあとすぐMySQL Workbench上での設定を行うので、こちらにチェックを入れていただくことをお薦めします。

・インストール完了後に「MySQL Shell」を起動する場合には「StartMySQL Shell after setup」にチェックを入れます。

必要に応じて起動させたい機能にチェックを入れたら、「Finish」ボタンをクリックします。

>



4. MySQLデータベースの作成

コボットCenterで使用するデータベース「aka_orchestrator」の作成を例に、データベースの作成方法を見ていきましょう。

MySQLデータベースを作成するマシンでMySQL Workbenchを起動します。

アクセスするインスタンスをクリックします。キャプチャは、インストール時に作成したローカルインスタンスです。

インストール時に設定したrootユーザーのパスワードを入力し「OK」ボタンをクリックします。

インスタンスにアクセスしたら、新しいスキーマ(データベース)を作成するアイコンをクリックします。

スキーマー名に作成するデータベース名を入力後、文字コードをプルダウンリストから選択し「Apply」ボタンをクリックします。コボットCenterで使用するデータベースの作成では、スキーマ名に「aka_orchestrator」、文字コードに「utf8」「utf8_general_ci」を設定します。

データベースに適用されるSQLスクリプトが表示されます。「Apply」をクリックします。

SQLスクリプトが適用されました。「Fnish」ボタンをクリックします。

作成されたデータベースが「SCHEMAS」に追加されました。

※SQLスクリプトが適用されたのに「SCHEMAS」に作成したデータベース名が追加されない場合

更新のアイコンをクリックし、表示を最新にします。


5. Tomcatのインストール

インストーラーのダウンロード手順

ダウンロードファイルの入手先にある「ダウンロードリンク」から、ダウンロードページ「Apache Tomcat」 へ移動します。

画面をスクロールダウンすると、左側ペインに「Tomcat xx.xx」のように各バージョンが掲載されています。

利用したいバージョンをクリックします。

※本記事では、記事作成時点での最新バージョンである「Tomcat 10.0」をダウンロードしています。

このページから以下のインストーラを選択し、ダウンロードします。

・32-bit/64-bit Windows Service Installer (pgp, sha512)


インストール手順

ダウンロードしたファイルを管理者権限で実行すると、「Tomcat Setup」が起動します。

インストール開始画面です。「Next >」ボタンをクリックします。

ライセンス同意確認画面です。記載内容に同意する「I Agree」ボタンをクリックし進みます。

コンポーネント選択画面です。インストールタイプはデフォルトの「Normal」のまま「Next >」ボタンをクリックします。

構成オプション(使用ポート・Windowsサービス名・ログインユーザ名・パスワードなど)です。デフォルト設定のまま「Next >」ボタンをクリックします。

Java仮想マシンのパス選択画面です。コンピュータ内のJREを自動検索し設定されるので、デフォルトのまま「Next >」ボタンをクリックします。



インストール先の指定です。特に指定のない場合、デフォルトのまま「Install」ボタンをクリックします。

「Install」ボタンをクリックするとインストールが始まるので、完了するまで待ちます。

完了するとセットアップ完了画面が表示されます。デフォルトのまま「Finish」をクリックします。
※手動で起動する場合「Run Apache Tomcat」のチェックをはずした後「Finish」をクリックします。
※Readmeを読まない場合「Show Readme」のチェックをはずした後「Finish」をクリックします。


6. ApacheActiveMQのインストール

インストーラーのダウンロード

ダウンロードファイルの入手先にある「ダウンロードリンク」から、ダウンロードページへ移動します。Windows用のzipファイルを選択しダウンロードします。

※本記事では、記事作成時点でリリースから数カ月経過している「ActiveMQ 5.15.15」をダウンロードしています。


インストール手順

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

解凍したフォルダを開き、binフォルダをダブルクリックで開きます。

ご使用のオペレーティングシステムのビット数に合わせてフォルダを開きます。

「InstallService.bat」を右クリックし、コンテキストメニューから「管理者として実行」をクリックします。


ActiveMQのサービス開始

「Windowsキー+ R」 で「ファイル名を指定して実行」画面を開きます。「services.msc」を入力後「Enter」キーで、サービスの管理画面を開きます。

ActiveMQのサービスをダブルクリックし、プロパティを開きます。

「開始」ボタンをクリックし、ActiveMQのサービスを開始します。


アクセス確認

ブラウザから「http://localhost:8161/」へアクセスします。

正しくセットアップされると以下の画面が表示されます。


印刷
S
Shiori is the author of this solution article.

Did you find it helpful? Yes No

Send feedback
Sorry we couldn't be helpful. Help us improve this article with your feedback.