コボットPortal

Agentの機能・画面紹介

Agentの機能・画面についてご紹介します。Agentに関する基本的な機能を理解することができます。

目次
  1.  機能について
  2.  画面紹介

※動作を確認したコボットAgentのバージョン:2.1.1.2
※バージョンによって画面構成や文言などが一部異なる場合がございます

1. 機能について

■Agentからプロセスを実行
コボットStudioで作成したプロジェクトをパブリッシュすることにより、Agentからプロジェクトを手動実行・停止することが可能になります。

■Centerと接続
Centerと接続することにより、自動でプロジェクトの操作を行うことが可能になります。
※Centerと接続するには、Agentパネルの「設定」画面の「センター構成」の各項目入力後に「接続」ボタンをクリックしてください。

■言語表記
英語、日本語、中国語、韓国語、ベトナム語に対応


2. 画面紹介

■Agentメニュー画面の表示方法
①タスクバーの通知領域(吹き出し部分)をクリックします。

②コボットAgentのアイコンを右クリックします。

■Agentメニュー画面について
①Agentパネルを表示します
②表示する言語を選択できます
③バージョンやライセンス情報等の確認ができます
④Agentを終了します

■Agentワークフロー一覧画面
①Centerとの接続状況を表示します
②Centerとの接続設定を行います
③コボットStudioからパブリッシュしたプロジェクトが反映されます
④プロジェクトを実行します



印刷
E
Erina is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。