コボットPortal

フローチャートの説明や特徴、具体的な使い方をご紹介します。こちらの記事を参照していただくことで、ロボット開発の条件分岐処理など、より質の高いフローを組み立てることができます。


1.アクティビティのプログラム名

System.Activities.Statements.Flowchart


2.説明

Studio バージョン 2.0.2.0まで

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「フローチャート」 > 「フローチャート」

Studio バージョン 2.0.3.0から

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「システム」 > 「フローチャート」 > 「フローチャート」

フローチャートとは、コボットStudioのワークフローの1つです。複雑な条件処理をすることができるため、処理のループや複数の条件分岐など、複雑な処理を行う際に使用されます。下記のイメージ画面のようにシーケンスと組み合わせて処理を作成することができます。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.2.0.2
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。(詳細は「プロパティ項目「パブリック」について」を参照)
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。


4.使い方

「フローチャート」を使用する場合、アクティビティパネルから「フローチャート」をドラックアンドドロップでデザイナーパネルへ配置します。

フローチャート内に対象のアクティビティやシーケンスを配置してワークフローを作成したい場合、フローチャートの「Start」にカーソルを合わせると上下左右に四角いマークが表示されます。
このマークをクリックしながら、初めに行いたいアクティビティやシーケンスまでドラッグすると、線で接続することができます。

その他のアクティビティやシーケンスも同様、カーソルを合わせると四角いマークが表示されるので、任意のアクティビティやシーケンスとつなげることで簡単にワークフローを作成していくことができます。

フローチャート内で条件分岐を行いたい場合、アクティビティパネルから「フロー条件分岐」をフローチャート内にドラックアンドドロップで配置し、線で接続します。次に「フロー条件分岐」プロパティのその他 > 条件へ変数もしくは条件分岐式を入力して条件の設定を行います。

条件の設定後、条件に当てはまる場合を「True」場合を当てはまらない場合を「False」としてそれぞれの処理を作成したら、「フロー条件分岐」にカーソルを合わせて対象の処理を「フロー条件分岐」と連携させます。

印刷
S
Shiori is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てずに申し訳ございません。この記事を向上させるためにフィードバックをお願い致します。