コボットPortal

メールの添付ファイルを保存

「メールの添付ファイルを保存」アクティビティのご紹介をします。

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Mail.SaveMailAttachments

2.説明

Studio バージョン 2.0.2.0まで

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「メール」 > 「メールの添付ファイルを保存」

Studio バージョン 2.0.3.0から

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「メール」 > 「メールの添付ファイルを保存」

メールに添付されたファイルを指定したフォルダに保存します。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.1.1.2
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
オプションフィルタ値を入力(String型)メールメッセージからフィルタリングしたい条件を設定する。
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。(詳細は「プロパティ項目「パブリック」について」を参照)
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
出力添付ファイル値を入力(IEnumerable<String>型)電子メールメッセージから取得した添付ファイルを変数として格納する。
入力フォルダパス値を入力(String型)添付ファイルを保存するフォルダを指定する。省略した場合、プロジェクトフォルダーに保存される。指定したフォルダが存在しない場合、エラーがスローされる。
メッセージ値を入力(MailMessage型)添付ファイルを取得するメールメッセージを設定する。



4.使い方

「メールの添付ファイルを保存」の使い方をアクティビティの使用例を参考に説明します。

【例】取得したメールに添付されているファイルを保存する

下の画像のようにファイルが添付されているメールに対して、添付ファイルを保存するワークフローを作成します。

「Outlookメールを取得」で受信しているメールを取得します。その際、プロパティに以下の設定を行います。
※変数の設定方法については、 「変数の作成」をご参照ください。

  • オプション>取得件数:1(最新の1件のみを取得するため)
  • オプション>未読メッセージのみ:チェックなし(既に開いているメッセージを取得するため)
  • 出力>メッセージ:MailList(List<MailMessage>型変数を新規作成)
  • 入力>アカウント:取得したいアカウントのメールアドレス
  • 入力>メールフォルダ:"受信トレイ"

「Outlookメールを取得」アクティビティの下に、「メールの添付ファイルを保存」アクティビティを設置します。

アクティビティ内の「メール」「フォルダパス」に次の値を設定します。
※List<MailMessage>型変数MailListからリスト内のMailMessage型の要素を取得するために(0)を設定します。

  • メール:MailList(0)
  • フォルダパス:"C:\メール添付ファイル"

「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行します。実行するとメールに添付されているファイルが指定したフォルダ"C:\メール添付ファイル"に保存されます。

※今回の例では添付ファイルが1つだったので1つだけ保存されていますが、メールに複数のファイルが添付されていた場合、全部のファイルが一度に保存されます。

印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。