コボットPortal

範囲に書き込む

データテーブルのデータを Excelファイルに書き込む「範囲に書き込む」アクテビティについてです。

目次
  1. アクティビティのプログラム名
  2. 説明
  3. プロパティ
  4. 使い方


1. アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Excel.WriteRange


2. 説明

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Excel」 > 「範囲に書き込む」

開始セルに指定したセルを起点とし、データテーブルのデータをExcelファイルに書き込みます。開始セルが指定されていない場合、A1 セルから書き込みを開始します。設定した Excelファイルが存在しない場合、新規に作成されます。シート名が存在しない場合、シートを新規に作成します。ファイルやシートにデータが存在する場合、データの範囲のみ上書きされます。また指定した Excelファイルが使用中の場合、System.IO.IOException がスローされエラーとなります。このアクティビティは Excel がインストールされていない場合も使用できます。


3. プロパティ 

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
オプションヘッダの追加チェック項目チェックした場合、データテーブルのヘッダ行(項目行)を書き出す。
その他パブリックチェック項目アクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。
表示名値を入力(String型)デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
入力シート名値を入力(String型)書き込むシート名を設定する。シート名が存在しない場合、シートが新規に作成される。
データテーブル値を入力
(DataTable型)
書き出すデータ元となるデータテーブルを設定する。
ワークブックパス値を入力(String型)書き込む Excelファイルのパスを設定する。相対パスの場合、プロジェクトフォルダーが基準となる。存在しない Excelファイルのパスを設定した場合、新規に作成される。
開始セル値を入力(String型)データの書き込みを開始したいセルを設定する。このプロパティを設定しない場合、A1 セルから書き込みを開始する。


4.使い方

「データテーブルをビルド」で作成したデータテーブルを、Excelファイルに書き出す場合を見ていきましょう。


アクティビティ「Excel > 範囲に書き込む」を、ツールボックスからデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置します。


アクティビティ内のプロパティ「入力 > ワークブックパス」を設定します。今回は「Excelファイルを選択」ダイアログからファイルを選択していきます。プロパティの横にある「Excelファイルを選択」ダイアログ表示ボタンをクリックします。※ボックスにファイルパス「"取引レート.xlsx"」と直接記述し設定する事もできます。この場合「取引レート.xlsx」が存在する場合は上書きされ、存在しない場合は新規に作成されます。


Excelファイル「取引レート.xlsx」を選択し、「開く」ボタンをクリックします。


アクティビティ内の①プロパティ「入力 > シート名」に「"取引レート"」を、②プロパティ「入力 > 開始セル」に「"B2"」を設定します。※プロパティパネルからも設定できます。


書き出すデータ元となるデータテーブルを指定します。「データテーブルをビルド」で作成したデータテーブルの変数名は「rateTable」です。アクティビティ内の「入力 > データテーブル」に「rateTable」を設定します。※データテーブルの変数名は「データテーブルをビルド」アクティビティのプロパティ「出力 > データテーブル」から確認できます。


プロパティパネルの「オプション > ヘッダの追加」をチェックします。チェックする事で、データテーブル「rateTable」のヘッダ行(項目行)も書き出します。


「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行します。


実行結果です。ヘッダ行(項目行)を含めた rateTable のデータが、指定した Excelファイルに書き出されました。

印刷
徳田 is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。