コボットPortal

「スロー」アクテビティについてです。※現在ナレッジ準備中です

1.アクティビティのプログラム名

System.Activities.Statements.Throw

2.説明

Studio バージョン 2.0.3.0~

  クイックアクセス: システム>エラーハンドリング>スロー

The Throw activity allows you to throw and find an exception providing you enter the type of exception. This activity can be used in Catch block of Try Catch activity.

例外の種類を入力することで、発生した例外を取得することができます。このアクティビティは、「トライキャッチ」アクティビティのCatchブロックで使用することができます。

3.プロパティ

プロパティ一覧のみ掲載します。
※システム内部で保有しているプロパティを記載している場合があり、コボットStudio画面内で確認不可のものが一部ございます。ご了承ください。

DisplayName ・・・ The name of this activity. You can edit the name of the activity to organize and structure your code better.

Throw Exception ・・・ Type of exception to throw.

4.使い方

準備中

印刷
M
Masaya is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。