コボットPortal

データ型の変換

データ型を別のデータ型に変換したい場合の関数です。よく使われる変換パターンをまとめました。

目次
  1. 文字列型への変換
  2. 数値型への変換
  3. その他の型への変換


1.文字列への変換

String型(文字列型)以外のデータ型から、文字列を扱う String型(文字列型)に変換する記述方法です。アクティビティのプロパティ値がString型だが、String型以外のデータ型の値を設定したい場合などに使用されます。例えば、メッセージボックスアクティビティの「入力 > テキストプロパティ」に 演算結果を表示したい場合などがあります。

データ型記述方法記述例と実行結果
Int32型Int32型.ToString100.ToString"100"
(変数varはInt32型で 100 が代入されている)
var.ToString
"100"
Double型Double型.ToString(変数varはDouble型で 3.14 が代入されている)
var.ToString
"3.14"
Boolean型Boolean型.ToStringTrue.ToString
"True"
False.ToString
"False"
(変数varはBoolean型で False が代入されている)
var.ToString
"False"
DateTime型DateTime型.ToString(変数varはDateTime型で生成後何も代入せず初期値のままである)
var.ToString
"0001/01/01 0:00:00"
Object型Object型.ToString(変数varはObject型で 100 が代入されている)
var.ToString
"100"
CType(Object型, System.String)(変数varはObject型で 100 が代入されている)
CType(var, System.String)
"100"


2.数値への変換

数値を扱う型以外のデータ型から、数値を扱う型に変換する記述方法です。計算を行う場合などに使用します。数値以外の値が代入されている変数を数値を扱う型へ変換した場合、エラーになります。例えば「Int32.Parse("100")」や「Int32.Parse("a")」を実行すると、入力文字列の形式が正しくないという FormatException がスローされます。

変換パターン記述方法記述例と実行結果
String型 ⇒ Int32型Int32.Parse(String型)Int32.Parse("100")100
String型 ⇒ Double型Double.Parse(String型)Double.Parse("3.14")3.14
Object型 ⇒ Int32型CType(Object型, System.Int32)(変数varはObject型で 100 が代入されている)
CType(var, System.Int32)
100
Object型 ⇒ Double型CType(Object型, System.Double)(変数varはObject型で 3.14 が代入されている)
CType(var, System.Double)
3.14


3.その他の型への変換

文字列を扱う型・数値を扱う型以外のデータ型へ変換する場合の記述方法です。

変換パターン記述方法記述例と実行結果
String型 ⇒ Boolean型Boolean.Parse(String型)Boolean.Parse("True")True
String型 ⇒ DateTime型DateTime.Parse(String型)DateTime.Parse("2020/9/1")
2020/09/01 0:00:00
Object型 ⇒ Boolean型CType(Object型変数, System.Boolean)(変数varはObject型で True が代入されている)
CType(var, System.Boolean)
True
Object型 ⇒ DateTime型CType(Object型変数, System.DateTime)(変数varはObject型で  "2020/9/1 1:1:1"  が代入されている)
CType(var, System.DateTime)
2020/09/01 1:01:01
印刷
徳田 is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。