コボットPortal

Exchangeスコープ

「Exchangeスコープ」アクティビティのご紹介をします。

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Mail.ExchangeScope

2.説明

Studio バージョン 2.0.2.0まで

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Exchange」 > 「Exchangeスコープ」

Studio バージョン 2.0.3.0から

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「メール」 > 「Exchange」 > 「Exchangeスコープ」

Exchangeを使用するための接続設定などを行います。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.1.1.2
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。(詳細は「プロパティ項目「パブリック」について」を参照)
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
ログオンドメイン値を入力(String型)接続用のActiveDirectoryのドメインを設定する。
パスワード値を入力(String型)使用するExchangeアカウントのパスワードを設定する。
ユーザ値を入力(String型)使用するExchangeアカウントのユーザIDを設定する。
一般タイムアウト値を入力(Int32型)処理を中断するまでの時間(ミリ秒)。設定した時間を過ぎると処理を停止し、エラーをスローする。設定しない場合は、既定値は 30000 ミリ秒 (30 秒) 。
既存の接続既存のExchangeサービス値を入力(ExchangeService型)別の「Exchangeスコープ」アクティビティで出力していたExchangeサービスを読み込む。
出力Exchangeサービス値を入力(ExchangeService型)本アクティビティで設定したExchangeの設定を出力する。
新規接続Exchangeバージョンドロップダウン選択使用されるExchangeサーバーの最低バージョンを設定する。
サーバ値を入力(String型)使用するメールサーバーを設定する。※
例:“https://outlook.office365.com/EWS/Exchange.asmx”
メール自動検出値を入力(String型)Exchangeサーバーのメールアドレスを使って、自動的にExchangeサーバーを検索する。※
例:“http(s)://autodiscover.domain/EWS/Exchange.asmx”
※Exchangeサーバーで自動検出が有効の場合にのみ機能

※EWSについては、下記のURLを参考にしてください。
EWS マネージ API を使用して EWS サービス URL を設定する(Microsoft)
Exchange Web Services (EWS) in Exchange 2010(Microsoft)


4.使い方

アクティビティ「メール > Exchange > Exchangeスコープ」を、ツールボックスからデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置します。


次のプロパティを設定します。

  • ログオン>ユーザ:操作対象とするメールアドレスを設定します
  • ログオン>パスワード:操作対象とするメールアドレスのパスワードを設定します
  • 新規接続>サーバ:Exchangeサーバーのアドレスを設定します

(以下は環境により必要であれば設定)

  • ログオン>ドメイン(ActiveDirectoryを使用している場合は要設定)

Exchangeスコープ内の「実行」フィールドに他のExchangeアクティビティを設定することで、それぞれのアクティビティのプロパティから接続に関する設定を省略することが出来ます。


印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。