コボットPortal

テキストファイルを読み込む


「テキストファイルを読み込む」アクティビティのご紹介をします。

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Core.ReadTextFile

2.説明

Studio バージョン ~2.0.2.0

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「コア」 > 「テキストファイルを読み込む」

Studio バージョン 2.0.3.0~

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「コア」 > 「ファイル」 > 「テキストファイルを読み込む」

指定したファイルからすべての文字を読み込み、String型変数に格納します。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.0.5.1、2.1.0.0、2.1.1.1
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
ファイルエンコーディング値を入力(String型)テキストファイルの文字エンコードを指定する。(任意)
ファイル名値を入力(String型)読み込むテキストファイルのファイル名を指定する。
出力テキスト値を入力(String型)
読み取った値を指定した変数に格納する。



4.使い方

今回のワークフローではデスクトップ上にある「テキストファイルを読み込む.txt」というテキストファイルを読み込み、その内容をメッセージボックスに表示する一連の流れをご紹介します。

テキストファイルの内容は以下のようになります。

まず、「コア」 > 「ファイル」 > 「テキストファイルを読み込む」アクティビティをドラッグアンドドロップでデザイナーパネルに配置します。

次にテキストファイルを今回読み込むファイルとしてプロパティに設定します。ファイル名に「"C:\Users\ユーザー名\Desktop\テキストファイルを読み込む.txt" 」と入力します。

※「ユーザー名」の部分はご自身の端末に合わせて書き換えてください。この時、「"」で囲うのを忘れないようにしましょう。

また、読み込んだテキストを格納するString型変数「text」を作成します。Ctrl+Kなどで変数は作成できます。※変数の作成方法は「変数の作成」をご参照ください

作成した変数を「出力」 > 「テキスト」プロパティに設定します。

次に「メッセージボックス」アクティビティをドラッグアンドドロップでデザイナーパネルに配置します。

配置したら「入力」 > 「テキスト」プロパティに変数「text」を設定します。

これでワークフローは完成です。

実際にワークフローを動かして確認してみましょう。「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下でワークフロー実行します。

メッセージボックスに「このメッセージが表示されたら正常に処理されています。」と表示されることが確認できます。



印刷
H
Hyuga is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。