コボットPortal

Exchangeメールを取得

「Exchangeメールを取得」アクティビティのご紹介をします。

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Mail.GetExchangeMailMessages

2.説明

Studio バージョン 2.0.2.0まで

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Exchange」 > 「Exchangeメールを取得」

Studio バージョン 2.0.3.0から

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「メール」 > 「Exchange」 > 「Exchangeメールを取得」

Exchangeのメールを取得します。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.1.1.2
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
オプションHTML本文チェック項目メッセージの本文をHTML形式で記述する。
既読にするチェック項目取得したメールを既読状態に変更する。
取得件数値を入力(Int32型)取得したい件数を設定する。
添付ファイルを取得チェック項目添付ファイルを含めて取得する。
(取得した添付ファイルの保存方法については、「メールの添付ファイルを保存」を参照)
未読メッセージのみチェック項目未読メッセージのみを取得する。
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。(詳細は「プロパティ項目「パブリック」について」を参照)
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
ホストメールフォルダ値を入力(String型)メッセージ取得元のメールフォルダを設定する。
ログオンドメイン値を入力(String型)接続用のActiveDirectoryのドメインを設定する。
パスワード値を入力(String型)使用するExchangeアカウントのパスワードを設定する。
ユーザ値を入力(String型)使用するExchangeアカウントのユーザIDを設定する。
一般タイムアウト値を入力(Int32型)メール取得を中断するまでの時間(ミリ秒)。設定した時間を過ぎると取得処理を停止し、エラーをスローする。設定しない場合の既定値は 30000 ミリ秒 (30 秒) 。
出力メッセージ値を入力(List<MailMessage>型)取得したメールメッセージの格納先を設定する。
接続Exchangeバージョンドロップダウン選択使用されるExchangeサーバーの最低バージョンを設定する。
サーバ値を入力(String型)使用するメールサーバーを設定する。※
例:“https://outlook.office365.com/EWS/Exchange.asmx”
メール自動検出値を入力(String型)Exchangeサーバーのメールアドレスを使って、自動的にExchangeサーバーを検索する。※
例:“http(s)://autodiscover.domain/EWS/Exchange.asmx”
※Exchangeサーバーで自動検出が有効になっている場合にのみ機能

※EWSについては、下記のURLを参考にしてください。
EWS マネージ API を使用して EWS サービス URL を設定する(Microsoft)
Exchange Web Services (EWS) in Exchange 2010(Microsoft)


4.使い方

Exchangeスコープ」アクティビティ内に配置する場合は「Exchangeスコープ」で設定したログオンなどのプロパティ情報が継承されるため、当アクティビティでの設定は不要です。

今回は「Exchangeスコープ」アクティビティを使用せずに、「Exchangeメールを取得」アクティビティだけでメールを取得する手順をご紹介します。

「Exchangeメールを取得」アクティビティを使用し、アカウントに来ているメールを3件取得します。

アクティビティ「メール > Exchangeメールを取得」を、ツールボックスからデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置します。

プロパティを設定します。まずは、Exchangeのメールを取得するために必要な以下の設定をプロパティに設定していきます。

  • ログオン>パスワード:操作対象とするメールアドレスのパスワードを設定します
  • ログオン>ユーザ:操作対象とするメールアドレスを設定します
  • 接続>サーバ:Exchangeサーバーのアドレスを設定します
  • その他接続に必要な設定

※「Exchangeスコープ」アクティビティ内の配置した場合はこれらのプロパティ設定不要です


「ホスト > メールフォルダ」に取得したいExchangeのフォルダを設定します。サブフォルダを取得する場合は「"受信トレイ\サブフォルダ名"」と指定します。デフォルトでは"Inbox"(受信トレイ)が設定されています。

次に取得したメールメッセージの格納先の設定です。プロパティパネルの「出力 > メッセージ」に変数名を指定します。変数が作成されていない場合、List<MailMessage>型の変数を作成し設定してください。
※変数の作成については「変数の作成」を参照してください。「プロパティから作成する」の手順で変数を作成すると、List<MailMessage>型で作成されます。

オプションの設定を行います。

  • オプション>取得件数:3
  • オプション>未読メッセージのみ:チェックを外す

取得結果を確認しましょう。まずは取得件数を表示します。アクティビティ「コア」 >「 ダイアログ」 > 「メッセージボックス」をツールボックスからデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置し、アクティビティ内「テキスト」に「 "受信トレイから" + messageList.Count.tostring + "件取得しました。" 」と設定します。(プロパティパネルの「入力 > テキスト」からも可能です。)

次に取得したメールメッセージのリストから、メールメッセージの件名と受信日時を表示します。アクティビティ「システム」 > 「コントロールフロー」 > 「繰り返し(コレクションの各要素)」を、ツールボックスからデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置します。


アクティビティ内「入力 > 値」にメールメッセージのリストを格納した「messageList」を指定します。プロパティパネルの「その他 > TypeArgument」は「System.Net.Mail.MailMessage型」を選択します。型の参照から「MailMessage」で検索すると候補として表示されます。
※型の選択方法などは「繰り返し(コレクションの各要素)」を参照してください。

変数 item に取り込まれたメールメッセージの件名と受信日時を表示します。アクティビティ「コア」 > 「ダイアログ」>「メッセージボックス」をツールボックスからデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置し、アクティビティ内「テキスト」に「"件名:" + item.Subject + vbNewLine + "受信日時:" + item.Headers("Date")」と設定します。
※変数 item のデータタイプ「MailMessage」の記述については「MailMessageプロパティの指定方法」を参照してください。

「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行します。実行すると、次の画像のようにメールを情報をメッセージボックスに表示することが出来ます。


印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。