コボットPortal

データテーブル挿入

「データテーブル挿入」アクテビティについてです。※現在ナレッジ準備中です

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Core.InsertDataTable

2.説明

Studio バージョン 2.0.3.0~

  クイックアクセス: コア>データベース>データテーブル挿入

Inserts a compatible DataTable variable in an existing Table. Returns the number of rows affected. If the constraints on the table aren't met, the activity will fail and all the written rows will be saved.

既存のテーブルに互換性のあるDataTable変数を挿入します。影響を受ける行の数を返します。テーブルの制約が満たされていない場合、アクティビティは失敗し、書き込まれた行はすべて保存されます。

3.プロパティ

プロパティ一覧のみ掲載します。
※システム内部で保有しているプロパティを記載している場合があり、コボットStudio画面内で確認不可のものが一部ございます。ご了承ください。

AffectedRecords ・・・ Stores the number of affected rows into an Int32 variable.

ContinueOnError ・・・ Specifies if the automation should continue even when the activity throws an error. This field only supports Boolean values (True, False).

ExistingDbConnection ・・・ An already opened database connection obtained from the Connect or Start Transaction activities. This property and the ConnectionString and ProviderName properties are mutually exclusive; if this property is set, the others can no longer be set.

DisplayName ・・・ The display name of this activity. You can edit the name of the activity to organize and structure your code better.

4.使い方

準備中

印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。