コボットPortal

テキストを置換

Wordの「テキストを置換」アクテビティについてご紹介します。アクテビティの概要と使用例を参考に使い方をご説明します。

目次
  1. アクティビティのプログラム名
  2. 説明
  3. プロパティ
  4. 使い方


1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Word.ReplaceText


2.説明

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Word」 > 「テキストを置換」

Wordファイル内を置換対象の言葉で検索し、見つかった全ての箇所に対して置換したい言葉に変換します。
「Wordアプリケーションスコープ」アクティビティ内で使用します。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.0.1.8
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。
表示名値を入力(String型)デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
結果
見つかりました
値を入力(Boolean型)True:置換対象のテキストが見つかった
False:置換対象のテキストが存在しなかった
入力検索値を入力(String型)置換対象のテキストを設定
置換値を入力(String型)置換するテキストを設定


4.使い方

「テキストを置換」の使用例を参考に説明します。

【例】任意のWordファイルに記載されている「文書」を「ファイル」に置換する

「Wordアプリケーションスコープ」アクティビティで開きたいWordファイルを設定しておきます。今回はプロジェクトフォルダ内にある「Test.docx」を指定します。(「Test.docx」には「テスト文書」というテキストのみが入っている状態です。)


「テキストを置換」アクティビティを「Wordアプリケーションスコープ」アクティビティ内にドラッグアンドドロップで配置します。

次に、下の画像のように、「検索」側に置換対象のテキストを、「置換」側に置換したいテキストを設定します。
今回の例の場合、「検索」(左側)に「"文書"」を、「置換」(右側)に「"ファイル"」を設定します。

実行すると、下の画像のように「テスト文書」が「テストファイル」に変わります。


また、「結果>見つかりました」プロパティを用いることで、置換対象のテキストが見つかったかどうかを確認することが出来ます。
「結果>見つかりました」プロパティにboolean型変数resultを設定します。
変数の設定方法については、 「変数の作成」をご参照ください。

「1行を書き込む」アクティビティを「テキストを置換」の下側に設定します。

「1行を書き込む」アクティビティに「result.ToString」を設定します。

「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行すると、「出力」フィールドに実行結果が表示されます。
置換対象のテキストがあるときは「True」が、置換対象のテキストがないときは「False」が記載されます。

印刷
M
Masaya is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。