コボットPortal

ブラウザを開く(IE)

「ブラウザを開く」アクテビティについてご紹介します。アクテビティの概要と使用例を参考に使い方をご説明します。

目次
  1. アクティビティのプログラム名 
  2. 説明
  3.  プロパティ
  4.  使い方


1. アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.IE.OpenBrowser


2. 説明

Studio バージョン ~2.1.0.0

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Internet Explorer」 > 「ブラウザを開く」

Studio バージョン 2.1.1.1(RCA.Activities.IE バージョン 2.1.0.1)~

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Internet Explorer」 > 「ブラウザを開く(IE)」

※コボットStudio/Agent2.1.1.1リリース時のアクティビティ(RCA.Activities.IE バージョン 2.1.0.1)から、アクティビティ名の後ろに(IE)が付きました。アクティビティのバージョンを更新する方法は「アクティビティの追加・削除方法(2.1.0.0~)」をご参照ください。

指定したURLをブラウザをInternetExplorer(IE)で開きます。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.0.1.3、2.0.1.7
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3. プロパティ 

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
オプションタイムアウト値を入力(Int32型)エラーになる前に指定した時間待機する
最大化チェック項目アプリケーションの画面を最大化して起動
その他パブリック
チェック項目アクティビティのスコープ内のすべての変数と引数がログファイルに書き込まれ、センターにプッシュされる
表示名値を入力(String型)アクティビティ名を変更
出力ブラウザ値を入力(Browser型)IEBrowserを格納
入力URL値を入力(String型)起動したいリンク先を入力
ブラウザ値を入力(Browser型)アクティビティへ変数を入力


4. 使い方

「ブラウザを開く」の使い方をアクティビティの使用例を参考に説明します。

【例】InternetExplorer(IE)で特定のウェブサイトを開く

「ブラウザを開く」アクテビティを、指定のシーケンス内にドラックアンドドロップで配置します。


アクティビティを追加後、InternetExplorer(IE)で開きたいURLを指定し、設定が完成します。
「プロパティ」>「入力」>「URL」に特定のウェブサイトのURL を入力します。

 「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行すると、InternetExplorer(IE)で指定したウェブサイトが開きます。

印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。