コボットPortal

テキストを取得(IE)

「テキストを取得」アクテビティについてご紹介します。アクテビティの概要と使用例を参考に使い方をご説明します。

目次
  1. アクティビティのプログラム名 
  2. 説明
  3.  プロパティ
  4.  使い方


1. アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.IE.GetText


2. 説明

Studio バージョン ~2.1.0.0

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Internet Explorer」 > 「テキストを取得」

Studio バージョン 2.1.1.1(RCA.Activities.IE バージョン 2.1.0.1)~

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Internet Explorer」 > 「テキストを取得(IE)」

※コボットStudio/Agent2.1.1.1リリース時のアクティビティ(RCA.Activities.IE バージョン 2.1.0.1)から、アクティビティ名の後ろに(IE)が付きました。アクティビティのバージョンを更新する方法は「アクティビティの追加・削除方法(2.1.0.0~)」をご参照ください。

指定したUI要素を取得します。
「InternetExplorer > ブラウザを開く(IE)」「InternetExplorer > ブラウザにアタッチ(IE)」アクティビティ内で使用します。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.0.1.3、2.0.1.7、2.0.4.0
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3. プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
オプション要素から値を入力(IEElement型)セレクターの要素を入力
その他パブリック
チェック項目アクティビティのスコープ内のすべての変数と引数がログファイルに書き込まれ、センターにプッシュされる
表示名値を入力(String型)アクティビティ名を変更
ターゲットスクロール高さ値を入力(Int32型)ScrollHeightの数値を取得(スクロール分を含めた高さ)
スクロール幅
値を入力(Int32型)ScrollWidthの数値を取得(スクロール分を含めた横幅)
ビューにスクロール
チェック項目指定した要素までスクロール
一般エラー時に続行値を入力(Boolean型)エラー時に後続の処理に進む
タイムアウト値を入力(Int32型)エラーになる前に指定した時間待機
出力テキスト値を入力(String型)指定したUI要素を出力
入力セレクタ値を入力(String型)対象要素を指定でクリックしたUI要素の詳細が反映される

※2.0.4.0以前のバージョンにて、「ターゲット」内の各プロパティが正常に動作しない場合がございましたが、2.0.4.0にて修正対応済みです。

4. 使い方

「テキストを取得」アクティビティの使用例を参考に説明します。

【例】InternetExplorer(IE)で開いた特定のサイトから「ホーム」の要素を取得し表示する

事前準備として「InternetExplorer > ブラウザを開く」アクティビティを、指定のシーケンス内にドラックアンドドロップで配置します。

アクティビティを追加後、InternetExplorer(IE)で開きたいURLを「入力 > URL」プロパティ内に指定します。(デザイナーパネル内でも指定できます)

次に、「InternetExplorer > テキストを取得」アクティビティを「ブラウザを開く」アクティビティ内に配置します。

予めInternetExplorerで対象サイトを開いておいてから、「要素を指定」をクリックし要素指定をします。要素の指定方法は「セレクターの使い方」をご参照ください。

取得した値をログで確認するために、「出力 > テキスト」プロパティに変数Textを設定します。変数の設定方法は「変数の作成」をご参照ください。

今回はサンプルとして下記ページの「ホーム」の場所を要素で指定しています。

1行を書き込む」アクティビティをドラッグアンドドロップで配置し、先ほど設定した変数Textを入力します。

「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行します。「出力」を確認すると「ホーム」と表示されています。

印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。