コボットPortal

2021年4月21日 コボットStudio/Agent2.1.1.3不具合のお知らせ

2021年4月21日 コボットStudio/Agent2.1.1.3不具合のお知らせ

平素よりコボットPortalをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

コボットStudio/Agent 2.1.1.3」に不具合を確認いたしましたので、現在インストーラーの提供を終了しております。ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしております。

対処法

次期バージョンコボットStudio/Agent2.2.0.1をリリース致しました。
詳細につきましては、以下のリリースノートよりご確認ください。
コボット Studio / Agent 2.2.0.1

また、1つ前のバージョンである「コボットStudio/Agent 2.1.1.2」をご利用いただくことも可能です。なお、後述の注意点と対処方法を必ずご確認いただきご利用をお願いいたします。

注意点

コボットStudio/Agentはダウングレードができないため、次の手順で再インストールが必要です。

1. コボットStudio/Agent 2.1.1.3(アプリ名:kobot Platform)をOSからアンインストール

2. 「コボットStudio/Agent 2.1.1.2」をインストール(インストール手順はこちらをご参照ください)

※OSの機能を利用してアンインストールするとコボットStudio/Agent のライセンス情報を保持したままアンインストールできます。そのため、上記手順でコボットStudio/Agent 2.1.1.2をインストールした際にはライセンス認証は不要です。

再インストール後の対処方法

コボットStudio/Agent の別バージョン再インストール後の対処方法です。

【1】コボットStudio 2.1.1.3でプロジェクトを新規作成していた場合

1. プロジェクトをコボットStudio 2.1.1.2で開く

2. 依存関係を確認し、赤字になっているアクティビティを確認パッケージマネージャーで該当のアクティビティを選択し「更新」ボタンをクリック

3. 2.で確認したアクティビティをパッケージマネージャー上で選択し「更新」ボタンをクリック(パッケージマネージャーについてはこちらをご参照ください)

3. 「保存する」をクリックしコボットStudioを再起動する

【2】コボットStudio 2.1.1.3より前のバージョンのプロジェクトを使用し、パッケージマネージャーで最新バージョンに更新していた場合

上記の【1】と同じ手順を実施してください。

【3】コボットStudio 2.1.1.3より前のバージョンのプロジェクトを使用し、パッケージマネージャー上でバージョンを更新していない場合

対処不要です、そのままご利用ください。

印刷
S
Shiori is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。