コボットPortal


「キーボード入力」アクティビティのご紹介をします。

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Windows.KeyboardType

2.説明

Studio バージョン 2.0.2.0まで

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「ウィンドウアプリケーション」 > 「キーボード入力」

Studio バージョン 2.0.3.0から

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「ウィンドウアプリケーション」 > 「キーボード入力」

設定したキー(ドロップリストで選択した特殊キーを含む)を入力することができます。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.1.1.2
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
オプションキー入力の間隔(ミリ秒)値を入力(Int32型)指定した時間キー入力に間隔を設ける。
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。(詳細は「プロパティ項目「パブリック」について」を参照)
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
一般エラー時に続行値を入力(Boolean型)エラー時に後続の処理に進む。
入力テキスト値を入力(String型)入力する文字を設定する。デザイナーパネル上の「+」マーククリック時に表示されるドロップリストで特殊キーを選択可能。



4. 特殊キー一覧

Special Keysキー内容
enter
Enterキー
back
back spaceキー
tab
tabキー
caps
caps lockキー
homehomeキー
insinsertキー
pguppg upキー
pgdnpg dnキー
up↑キー
down↓キー
left←キー
right→キー
add加算記号 (+) キー
altaltキー
lalt左altキー
ralt右altキー
ctrlctrlキー
lctrl左ctrlキー
rctrl右ctrlキー
decimal小数点キー
deldeleteキー
div除算記号 (/) キー
endEndキー
escescキー
f1

f12
F1キー

F12キー
mul乗算記号 (*) キー
numnum lockキー
num0

num9
0キー

9キー
pausepauseキー
scrollscrollキー
lshift左shiftキー
rshift右shiftキー
sleepsleepキー
sub減算記号 (-) キー


5.使い方

「キーボード入力」アクティビティの使用例を参考に説明します。

【例】メモ帳で開いたファイルに対して、文末に"text"の文字を追記する

プロジェクトフォルダ内の「TestData.txt」というテキストファイルに対して、”text”という文字列を追記するワークフローを作成します。「TestData.txt」には予め「テストデータ」という文言が含まれています。

まず「ウィンドウを開く」でテキストファイルを開く設定を行います。(今回の例では、ファイル名に「 "TestData.txt" 」を設定しておきます)
その後、「ウィンドウを開く」アクティビティの中の「実行」シーケンスの中に、「キーボード入力」アクティビティを配置します。

メモ帳の画面を開いた後に入力位置を文末に設定するため、入力欄右側の"+"をクリックして"end"を選択します。

入力されたテキスト[k(end)]の後にtextを追加し、"[k(end)]text"となるようにします。

「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行すると、メモ帳にもともと記載されていた"テストデータ"の後に"text"が追記されます。


印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。