コボットPortal

Xpathを実行

「Xpathを実行」アクティビティのご紹介をします。


1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Core.ExecuteXPath


2.説明

Studio バージョン 2.0.2.0まで

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Xml」 > 「Xpathを実行」

Studio バージョン 2.0.3.0から

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「コア」 > 「Xml」 > 「Xpathを実行」

XMLドキュメント内にある指定したXPath式を実行します。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.1.1.2
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。(詳細は「プロパティ項目「パブリック」について」を参照)
結果値を入力(Object型)読み込みまたは抽出したXMLドキュメントを含む変数を設定する。
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
入力XML文字列値を入力(String型)処理するXMLを含む文字列またはString型の変数を設定する。このプロパティを設定すると「既存XML」は設定不可。
XPath式値を入力(String型)XPath式を設定する。
既存XML値を入力(XDocument型)処理するXMLを含む変数を設定する。このプロパティを設定すると「XML文字列」は設定不可。


4.使い方

事前準備として、プロジェクトフォルダ内配下に「Data」フォルダを作成し、その中にxmlファイルを作成しておきます。
※今回の例では、下図の「sample.xml」を作成しています。


まずは「コア」>「ファイル」>「テキストファイルを読み込む」をドラッグ&ドロップし、配置します。


プロパティにある「ファイル」>「ファイル名」に文字列かString型の変数( この例の場合では、文字列で「 "Data\sample.xml" 」)を入力し、さらに「出力」>「テキスト」にString型の変数( この例の場合では「 xml 」)を入力します。

※変数の作成については「変数の作成」をご参照ください。


次に「コア」>「xml」>「Xpathを実行」をドラッグ&ドロップし、配置します。


プロパティにある「その他」>「結果」にObject型の変数( この例の場合では「 result 」)を入力します。


さらに、プロパティにある「入力」>「XML文字列」に文字列かString型の変数( この例の場合では、String型の変数で「 xml 」)を入力し、さらに「XPath式」にも文字列かString型の変数( この例の場合では、文字列で「 "string(/members/member/department/text()[1])" 」)を入力します。


実行結果を確認するため「システム」>「オリジナル」>「1行を書き込む」を配置し、必要な変数等を設定します。
※この例では「 result.ToString 」と入力しています。


「ホーム > スタート」をクリック、または「F5キー」押下でワークフローを実行後、「出力パネルを」を開きます。sample.xmlにあるdepartmentの最初のデータが表示されている事を確認してください。


【参考】XPath式に文字列で「 "string(/members/member[2]/department/text()[1])" 」と入力した場合の結果



印刷
E
Erina is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。