コボットPortal

ワークフローファイル呼び出し

「ワークフローファイル呼び出し」アクテビティについてです。※現在ナレッジ準備中です

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Core.InvokeWorkflowFile

2.説明

Studio バージョン 2.0.3.0~

  クイックアクセス: コア>呼び出し>ワークフローファイル呼び出し

With this activity, you can synchronously invoke VB.NET or C# code, optionally passing it a list of input arguments. This activity can also return out arguments to the caller workflow.

このアクティビティでは、VB.NETまたはC#コードを同期的に呼び出すことができ、オプションで入力引数のリストを渡すことができます。このアクティビティは、呼び出し元のワークフローに引数を返すこともできます。

3.プロパティ

プロパティ一覧のみ掲載します。
※システム内部で保有しているプロパティを記載している場合があり、コボットStudio画面内で確認不可のものが一部ございます。ご了承ください。

ContinueOnError ・・・ This activity specifies when the automation keeps going if it has an error. Boolean supported only.

WorkflowFileName ・・・ The file path of the .xaml file to be invoked. String variable supported only.

WorkflowTimeout ・・・ The amount of time to wait for the activity to run before an error is thrown. TimeSpan variables supported only.

DisplayName ・・・ The display name of this activity. You can edit the name of the activity to organize and structure your code better.

Arguments ・・・ The parameters that can be passed to the code that is invoked

4.使い方

準備中

印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。