コボットPortal

ユーザー入力をブロック

「ユーザー入力をブロック」アクティビティのご紹介をします。

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Core.BlockUserInput

2.説明

Studio バージョン 2.0.2.0まで

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「コア」 > 「ユーザー入力をブロック」

Studio バージョン 2.0.3.0から

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「コア」 > 「その他」 > 「ユーザー入力をブロック」

アクティビティの実行時にユーザーがマウスやキーボードを使用するのをブロックすることができます。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.1.1.2
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。(詳細は「プロパティ項目「パブリック」について」を参照)
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
ブロック解除オプション
キー
値を入力(String型)マウスやキーボードを再び有効にするために使用する。
キー修飾子ドロップダウン選択マウスやキーボードを再び有効にするために「キー」プロパティで設定したキーと一緒に使用する修飾子を設定する。
※複数選択可能
特殊キーチェック項目キーボードショートカットで特殊キーを使用する場合に設定する。
使用可能な特殊キー一覧は、アクティビティ本体にある「キー」のドロップダウンリストに表示される。
※4.特殊キー一覧を参照
一般
エラーでも処理を続ける値を入力(Boolean型)エラー時に後続の処理に進む。
タイムアウト
値を入力(Int32型)エラーになる前に指定した時間(ミリ秒)待機する。
入力ブロックドロップダウン選択次の三種類からブロックの種類を選択する。
All:キーボード・マウス両方の操作をブロック
Keyboard:キーボードの操作のみブロック
Mouse:マウスの操作のみブロック


4. 特殊キー一覧

Special Keysキー内容
add加算記号 (+) キー
lalt左altキー
ralt右altキー
back
back spaceキー
break
breakキー
caps
caps lockキー
lctrl左ctrlキー
rctrl右ctrlキー
decimal小数点キー
deldeleteキー
div除算記号 (/) キー
down↓キー
endEndキー
enter
Enterキー
escescキー
f1

f12
F1キー

F12キー
homehomeキー
insinsertキー
left←キー
mul乗算記号 (*) キー
numnum lockキー
num0

num9
0キー

9キー
pausepauseキー
pguppg upキー
pgdnpg dnキー
right→キー
scrollscrollキー
lshift左shiftキー
rshift右shiftキー
sleepsleepキー
sub減算記号 (-) キー
tab
tabキー
up↑キー


5.使い方

「ユーザー入力をブロック」アクティビティを使用することで、RPA実行中にキーボード・マウスの操作をブロックすることが出来ます。

まずは「ユーザー入力をブロック」をドラッグ&ドロップし、配置します。

デフォルトでは、「入力>ブロック」プロパティはAllに、ブロック解除キーはAlt+f10キーに設定されています。

次に、「ユーザー入力をブロック」アクティビティ内の「進行」フィールドに「待機」アクティビティを設置し、「時間」プロパティに「00:00:10」(10秒)を設定します。

「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行します。実行すると10秒経過するか、altキーを押下しながらf10キーを押下するまでキーボード・マウスの操作が出来ない状態になります。

印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。