コボットPortal

「ウィンドウを移動」アクティビティについてです。

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Windows.MoveWindow

2.説明

Studio バージョン ~2.0.2.0

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「ウィンドウアプリケーション」 > 「ウィンドウを移動」

Studio バージョン 2.0.3.0~

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「ウィンドウアプリケーション」 > 「ウィンドウを移動」

開いているアプリケーションを設定した場所に移動させます。また、ウィンドウサイズの変更も行えます。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.0.4.0
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
オプションFrom値を入力(UiElement型)セレクタ文字列を持つ要素を検索する際に、UiElement変数をルートにします
(設定されていない場合は、デスクトップのルートから探します)
オートメーションベースドロップダウン選択UI自動化ライブラリのバージョンを指定
使用ウィンドウ値を入力(WindowApp型)「ウィンドウを開く」や「ウィンドウにアタッチ」からの出力変数を使用して、アクティビティの対象ウィンドウを設定します
要素値を入力(AutomationElement型)セレクタ文字列の代わりに、入力としてAutomationElement型の変数を使用します
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。(詳細は「プロパティ項目「パブリック」について」を参照)
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
一般エラー時に続行値を入力(Boolean型)エラー時に後続の処理に進む
タイムアウト値を入力(Int32型)エラーになる前に指定した時間(ミリ秒)待機
実行後の待機時間値を入力(Int32型)文字入力実行後に指定した時間(ミリ秒)待機する
実行前の待機時間値を入力(Int32型)文字入力実行前に指定した時間(ミリ秒)待機する
待機消えるまで待機チェック項目UIが消えるまで待機
無効になるまで待機チェック項目UIが無効になるまで待機
有効になるまで待機チェック項目UIが有効になるまで待機
入力X値を入力(Int32型)ウィンドウの移動位置(水平方向)を設定します
Y値を入力(Int32型)ウィンドウの移動位置(垂直方向)を設定します
セレクタ値を入力(String型)対象要素を指定でクリックしたUI要素の詳細が反映されます
高さ値を入力(Int32型)ウィンドウを表示したい高さを設定します
値を入力(Int32型)ウィンドウを表示したい幅を設定します



4.使い方

「ウィンドウを移動」アクティビティの使用例を参考に説明します。

【例】開いたメモ帳を任意の場所に移動させる

「ウィンドウを開く」でメモ帳を開く設定をします。
その後、「ウィンドウを開く」アクティビティの中の「実行」シーケンスの中に、「ウィンドウを移動」アクティビティを配置します。

「ウィンドウを移動」アクティビティ内の「要素を指定」から画面を進め、メモ帳の画面を選択します。要素の選択方法は「セレクタの取得方法」をご覧ください。要素を指定後は、「セレクタ」プロパティに値が入ります。

「ウィンドウを移動」の"X"、"Y"プロパティを設定して移動させたい位置を設定します。"X"は水平方向(右方向が+、左方向がー)、"Y"は垂直方向(下方向が+、上方向がー)の設定になります。
また、"高さ"、"幅"プロパティでウィンドウのサイズを設定することができます。

「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行します。実行すると開いていたメモ帳が設定した位置に設定したサイズで表示されます。

印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。