コボットPortal

ロールの考え方と権限一覧

コボットCenterのユーザーロールと権限について説明します。

目次
  1. ロールの考え方
  2. 権限一覧
  3. デフォルトロール


1. ロールの考え方

ユーザー作成時に、コボットCenterの機能の利用権限(作業を許可する・許可しない)を個別に割り当てていくと、管理者の運用負担が増えてしまいます。コボットCenterでは管理者の運用負担を減らすため、ユーザーの役割ごとに応じた権限の設定である「ロール」があります。


2. 権限一覧

コボットCenterそれぞれの機能およびリソースに対する権限を設定できます。権限は以下のテーブルのように、5段階の権限があります。この5段階権限はの「弱い」から「強い」順で設計されています。

権限機能・リソースに対しての権限
無し
どの権限も付与されないため、メニューにも表示されない。
見る
「情報の閲覧」が可能。
追加
「新規作成」が可能。合わせて [見る] の権限も付与。
編集
「修正」が可能。合わせて [見る] [追加] の権限も付与。
削除「削除」が可能。合わせて [見る] [追加] [編集] の権限も付与。


3. デフォルトのロール

コボットCenterをインストールすると、「ROLE_ROBOT」「ROLE_USER」「ROLE_ADMIN」の3つのロールがデフォルトで登録されています。以下それぞれのロールのデフォルト権限が表示されています。
※デフォルトのロールを削除する事はできません。また、名称以外を編集した場合は内容が更新されますが、名称を編集すると、編集した名称と内容でロールが作成され、デフォルトロールの内容は変更されません。


ROLE_ROBOT


ROLE_USER

すべてのリソースに対して権限が付与されていないため、ログイン後、ダッシュボードのみ表示されます。


ROLE_ADMIN

ロール管理には表示されません。すべてのリソースに対して、すべての権限が付与されています。

印刷
徳田 is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。