コボットPortal

exeファイルなどのアプリケーションの実行方法

専用のアクティビティが用意されていない、exeファイルなどのアプリケーションの開き方についてご紹介します。
※ExcelやWord、ブラウザなど専用のアクティビティが存在するものについては、各記事をご参照ください。


※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.2.0.1
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


1. 「ウィンドウを開く」アクティビティを使用する方法

「ウィンドウを開く」アクティビティを用いてアプリケーションを開くことが出来ます。
詳細はこちらの記事「ウィンドウを開く」の「4.使い方」をご参照ください。

2. 「ファイル名を指定して実行」を使用する方法

「Windowsキー」を押しながら「Rキー」を押すことで、「ファイル名を指定して実行」というボックスを表示することが出来ます。こちらのボックスで、起動したいアプリケーションを指定すると、そのアプリケーションを起動することが出来ます。


例:メモ帳を開く
準備:「Windowsキー」と「Rキー」を同時に押し、「ファイル名を指定して実行」ボックスを表示させます。

1.「ウィンドウアプリケーション」>「ショートカットキーを送信」アクティビティを配置し、
「Windowsキー」と「Rキー」を設定します。


2.「ウィンドウアプリケーション」>「文字入力」アクティビティを配置し、テキストに「"notepad"」を指定します。


3.「文字入力」アクティビティの「要素を指定」をクリックし、「ファイル名を指定して実行」ボックスの入力欄を選択します。


4.「ウィンドウアプリケーション」>「クリック」アクティビティを配置し、「要素を指定」で「ファイル名を指定して実行」ボックスの「OK」を選択します。


3. 「クリック」や「画像をクリック」アクティビティを使用する方法

「ウィンドウアプリケーション」>「クリック」アクティビティや、「コア」>「イメージ」>「画像をクリック」アクティビティを活用し、デスクトップ上やタスクバー上にあるアプリケーションや、Windowsロゴ(スタートボタン)をクリックすると現れるアプリケーションなど、対象アプリケーションをクリックして起動させることも可能です。


例えば、Windows 10にあらかじめ搭載されているSnipping ToolをWindowsロゴ(スタートボタン)からクリックして起動させたい場合、「クリック」アクティビティで「Windowsロゴ(スタートボタン)」をクリック>「画像をクリック」アクティビティで「#」をクリック>「画像をクリック」アクティビティで「W」をクリック>「画像をクリック」アクティビティで「Windows アクセサリ」をクリック>「画像をクリック」アクティビティで「Snipping Tool」をクリックにて、Snipping Toolを起動できます。

印刷
S
Shiori is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てずに申し訳ございません。この記事を向上させるためにフィードバックをお願い致します。