コボットPortal

ブラウザにアタッチ(NB)


「ブラウザにアタッチ(NB)」アクティビティのご紹介をします。

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.NativeBrowser.AttachBrowser

2.説明

Studio バージョン 2.1.1.1~

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Native Browser」 > 「ブラウザにアタッチ(NB)」

コボットStudio 2.1.1.1リリース時に追加されたアクティビティです。パッケージマネージャーから追加可能です。既に開いているブラウザを再度操作することができます。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.1.1.2
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
一般エラーでも処理を続ける値を入力(Boolean型)Trueの場合、エラーでも処理を続ける。

Falseの場合、エラーは処理を止める。

完了または障害が発生した場合にブラウザを終了チェック項目動作完了したとき又は失敗したときにブラウザを閉じる。
出力出力ブラウザ値を入力(NativeBrowser型)  出力ブラウザを設定する。
入力セレクタを編集値を入力(String型)指定した要素の詳細が反映されます。
タイムアウト値を入力(Int32型)エラーになる前に指定した時間待機する。 
ブラウザ値を入力(NativeBrowser型)入力ブラウザを設定する。
ブラウザタイプドロップダウン選択ブラウザのタイプをドロップダウン選択。



4.使い方

「ブラウザにアタッチ(NB)」の使用例をもとに説明していきます。

今回は、ブラウザの起動・操作を行い、ブラウザ以外のアプリケーション操作を実施後、「ブラウザにアタッチ(NB)」を利用し最初に起動したブラウザ内の操作に戻ります。流れは次の通りです。

  1. コボットPortalのトップページを開く
  2. ナレッジベースのページへ画面遷移
  3. メモ帳起動
  4. 再度ブラウザでコボットPortalのトップページへの画面遷移


まず、「Native Browser」 > 「ブラウザを開く(NB)」アクティビティをデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置します。

配置したら「入力 > URL」プロパティにコボットPortalのトップページのURL("https://platform.kobot.jp/support/home")を設定します。

次に「Native Browser」 > 「指定URLへ画面遷移(NB)」アクティビティをデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置します。

配置したら、「入力 > URL」プロパティに遷移先の画面であるナレッジベースのページのURL("https://platform.kobot.jp/support/solutions")を入力します。

次にメモ帳を開くため「ウィンドウアプリケーション」 > 「ウィンドウを開く」アクティビティをデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置します。

今回はファイル名を指定する方法でメモ帳を開きます。「入力 > ファイル名」プロパティにメモ帳のexeファイルのフルパス「"C:\Windows\system32\notepad.exe"」と入力します。

次に「Native Browser」 > 「ブラウザにアタッチ(NB)」アクティビティをデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置します。

配置したら要素の指定を行います。一度、Chromeを手動で起動し「https://platform.kobot.jp/support/solutions」を開いておきましょう。開いたらアクティビティ内の「要素を指定」から画面を進め、対象の要素を指定します。
※要素の選択について詳しくは「セレクターの使い方」をご参照ください。

次に「Native Browser」 > 「指定URLへ画面遷移(NB)」アクティビティをデザイナーパネルにドラッグ&ドロップで配置します。

配置したら「入力 > URL」プロパティに遷移先の画面であるコボットPortalのトップページのURL("https://platform.kobot.jp/support/home")を入力します。

ここまで完了したら、「ホーム > スタート」をクリック、または「F5キー」押下で実行します。

実行すると、

  1. コボットPortalのトップページを開く
  2. ナレッジベースのページへ画面遷移
  3. メモ帳起動
  4. 再度ブラウザでコボットPortalのトップページへの画面遷移

が行われます。

ブラウザでコボットPortal操作(上記1・2)後に、別の操作(上記3)を行っても、ブラウザに戻り操作を行なわれる(上記4)ことが確認できます。

※「ブラウザにアタッチ(NB)」内に配置した「指定URLへ画面遷移(NB)」アクティビティの「一般 > 実行後の待機時間」プロパティの値を大きくすることで最後の画面遷移の結果が分かりやすくなりますので適宜調整ください。


またこのアクティビティでは「ブラウザを開く(NB)」アクティビティで開いたブラウザ以外にも、手動起動したブラウザや、何か別の機能で開かれたブラウザを操作することも可能です。

印刷
H
Hyuga is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。