コボットPortal

Excel範囲を削除

Excelファイルから指定された範囲を削除する「Excel範囲を削除」アクティビティについてです。


1. アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Excel.ExcelDeleteRange


2. 説明

Studio バージョン 2.0.2.0まで

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Excel」 > 「Excel範囲を削除」

Studio バージョン 2.0.3.0から

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Excel」 > 「Interop」 > 「Excel範囲を削除」

Excelファイルから指定されたセル範囲を削除します。プロパティ「セルをシフト」と「シフトオプション」を使用し、行または列全体をシフトする事もできます。
このアクティビティは、「Excelアプリケーションスコープ」内でのみ使用できます。

注意

「Excelアプリケーションスコープ」のプロパティ「ファイル > ワークブックパス」には、存在するExcelファイル名を指定してください。
存在しないファイル名を指定した場合、「Excel範囲を削除」のプロパティ「入力 > シート名」の値によって異なる動作になります。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.2.0.2
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます。


3. プロパティ 

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
オプションシフトオプションドロップダウン選択プロパティ「セルをシフト」がオンの場合に有効となるオプション。セルを削除する際のセルのシフト方法を指定する。Excel操作でのセル削除時に表示される、ダイアログボックスのオプションと同じ動作をする。
「ShiftUp」… 上方向にシフト
「ShiftLeft」… 左方向にシフト
「EntireRow」… 行全体をシフト
「EntireColumn」… 列全体をシフト
※詳細はプロパティ「セルをシフト」についてを参照。
セルをシフトチェック項目チェックがオンの場合、プロパティ「シフトオプション」の値に沿って、セルを削除した時にセルの書式設定がシフトする。

チェックがオフの場合、セルに入力されている値のみが削除され、セルには書式が残る。

その他パブリックチェック項目アクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。(詳細は「プロパティ項目「パブリック」について」を参照)
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
入力シート名値を入力(String型)削除したいセルがあるシート名を指定する。該当の名前のシートが存在しない場合、「シートが存在しません」とのエラーになる。
範囲値を入力(String型)削除するセル範囲を指定する。セル単体でもセル範囲(列指定や行指定も含む)でも指定可能。


4.使い方

プロジェクトフォルダに作成したExcelファイル「範囲を削除サンプル.xlsx」からセル範囲「B5:C5」の値を削除する場合を見ていきましょう。Excelファイル「範囲を削除サンプル.xlsx」の例はこちらです。

※準備:上記「範囲を削除サンプル.xlsx」をデスクトップに作成します。

アクティビティ「Excel > Interop > Excelアプリケーションスコープ」を、ツールボックスからデザイナーパネルにドラッグアンドドロップで配置し、アクティビティ内の枠に対象のワークブックパス「"C:\Users\(ユーザーの名前)\Desktop\範囲を削除サンプル.xlsx"」を入力します。

「Excelアプリケーションスコープ」 アクティビティについてはリンク先のページを参照ください。

アクティビティ「Excel > Interop > Excel範囲を削除」を、ツールボックスからデザイナーパネルにドラッグアンドドロップで配置します。

削除するシート名とセル範囲を指定します。プロパティパネルの 

①「入力 > シート名」に「"取引レート"」を、
 ②「入力 > 範囲」に「"B5:C5"」を入力します。

指定したセル自体は削除せず、値のみを削除したいので、プロパティパネルの「オプション > セルをシフト」がチェックされていない事を確認します。
セルを削除後にシフトしたい場合は、このチェックボックスをオンにします。詳細はプロパティ「セルをシフト」についてを参照してください。

「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行します。

実行結果です。プロパティ「オプション > セルをシフト」がオフのため、セル範囲「B5:C5」の値のみ削除されました。



プロパティ「セルをシフト」について

プロパティ「オプション > セルをシフト」のチェックがオンの場合、セルを削除する際にはプロパティ「オプション > シフトオプション」の値に沿ってセルがシフトされます。

Excel操作でのセル削除時に表示される、ダイアログボックスのオプションと同じ動作をします。
< Excelでのセル削除操作時のダイアログ >

Excelの削除ダイアログのオプションシフトオプション
左方向にシフトShiftLeft
上方向にシフトSiftUp
行全体をシフトEntireRow
列全体をシフトEntireColumn

「範囲を削除サンプル.xlsx」を対象とし、シフトオプションごとに「Excel範囲を削除」アクティビティを実行してみましょう。

< プロパティ「入力 > 範囲」で指定した「範囲を削除サンプル.xlsx」のセル範囲 >

※プロパティパネルの「オプション > セルをシフト」のチェックボックスをONに設定してください。

●実行結果



SiftUp(上方向にシフト)

シフトオプション

削除後、上方向にシフトされました。



ShiftLeft(左方向にシフト)

シフトオプション

削除後、左方向にシフトされました。



EntireRow(行全体をシフト)

シフトオプション

削除後、行ごとシフトされました。



EntireColumn(列全体をシフト)

シフトオプション

削除後、列ごとシフトされました。


印刷
S
Shiori is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てずに申し訳ございません。この記事を向上させるためにフィードバックをお願い致します。