コボットPortal

コボット Studio / Agent 2.1.1.2


リリース日:2021年3月16日

「コボットStudio/Agent 2.1.1.2」のインストールファイルダウンロードと更新内容をご案内します。

目次
  1. インストーラー
  2. 機能追加
  3. バグ修正
  4. 互換性の動作検証結果


1. インストーラー

製品バージョンサイズダウンロードリンク
Studio&Agent2.1.1.2617.7 MB.ZIP、32ビット
618.5 MB.ZIP、64ビット

Studioの動作環境Agentの動作環境を確認してからご利用してください。


2. 機能追加

コボットStudio

  1. プロジェクトを新規作成した際のデフォルトバージョンが以下になりました。
    • コア 2.1.0.2
    • Excel 2.1.0.2
  2. 以下のアクティビティパッケージのバージョンが更新されています。
    • コア 2.1.0.2
    • Excel 2.1.0.2
  3. 【コア】「クエリを実行」に「タイムアウト」プロパティが追加されました。

コボットAgent

※機能追加・バグ修正はありません

3. バグ修正

コボットStudio

  1. 以下のアクティビティの「TypeArgument」プロパティを変更した際に「表示名」プロパティがリセットされる問題を修正しました。
    • 【システム】
      • 繰り返し(コレクションの各要素)
      • 並列繰り返し(コレクションの各要素)
      • スイッチ
      • フロースイッチ
      • コレクションに追加
      • コレクションの要素を空にする
      • コレクション内の有無を検出
      • コレクションから削除
    • 【コア】
      • JSONをデシリアライズ
      • データ列を追加
      • PowerShell呼び出し
  2. 【Excel】「Excel内の図を出力」にて、一部のグラフが出力出来なかった問題を修正しました。
  3. 【NativeBrowser】「文字入力(NB)」が失敗することがあった問題を修正しました。
  4. 【NativeBrowser】「ブラウザを開く(NB)」にて一部のURLを開くことに失敗していた問題を修正しました。(ローカルのhtmlファイルなど)

コボットAgent

※機能追加・バグ修正はありません

4. 互換性の動作検証結果

アップグレード後の検証を実施し、次のバージョンの組み合わせが問題無く動作することを確認しております。

旧バージョンのStudioで作成されたワークフローの実行

Studio2.1.1.1

AgentとCenterの組み合わせ実行

Center2.0.3.2とStudio2.1.1.2

Center2.0.4.0とStudio2.1.1.1

Center2.0.4.0とStudio2.1.1.2

アップグレードでの動作確認

Studio/Agent:2.1.1.1

印刷
川名 is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。