コボットPortal

「最終ステート」アクティビティのご紹介をします。


1.アクティビティのプログラム名

System.Activities.Statements.State


2.説明

Studio バージョン 2.0.2.0まで

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「ステートマシン」 > 「最終ステート」

Studio バージョン 2.0.3.0から

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「システム」 > 「ステートマシン」 > 「最終ステート」

ステートマシンのワークフローを終了させたい場合に使用します。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.1.1.2
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。


4.使い方

「最終ステート」を使用して、曜日によりレポート作成日かそうでないかを判断する例をご紹介します。「最終ステート」を使用するためには、「ステートマシン」および「ステート」を配置する必要があります。

まずは「システム」>「ステートマシン」>「ステートマシン」をドラッグ&ドロップし、配置します。

※「ステートマシン」の配置方法は、こちらをご覧ください


次に「システム」>「ステートマシン」>「ステート」をドラッグ&ドロップし、配置します。


「ステート」をダブルクリックした後、「Entry」セクションに「システム」>「オリジナル」>「代入」をドラッグ&ドロップし、配置します。


プロパティにある「その他」>「代入先」にString型の変数( この例の場合では「 day 」)を入力し、さらに「値」にも入力(この例の場合では「 DateTime.Now.ToString("ddd") 」)します。
※ 変数の作成については「変数の作成」をご参照ください。


「ステートマシン」に戻り、さらに「システム」>「ステートマシン」>「最終ステート」をドラッグ&ドロップし、配置します。


「ステート」と「最終ステート」をつないだ遷移線にある「T1」と表示された部分をダブルクリックします。


プロパティにある「その他」>「Condition」に式( この例の場合では「 day = "月" 」)を入力します。


「ステートマシン」に戻り、配置済の「最終ステート」をダブルクリックします。


実行結果を確認するため、「システム」>「オリジナル」>「1行を書き込む」を配置し、必要な変数等を設定します。
※この例では「 "レポート作成日です" 」と入力しています。


「ステートマシン」に戻り、再び「システム」>「ステートマシン」>「最終ステート」をドラッグ&ドロップし配置した後、「ステート」と遷移線でつなげます。


2つ目の「ステート」と「最終ステート」をつなげた遷移線にある「T1」と表示された部分をダブルクリックします。


プロパティにある「その他」>「Condition」に式( この例の場合では「 day <> "月" 」)を入力し、さらに「DisplayName」の「 T1 」を「 T2 」に変更します。
※「DisplayName」の文字は任意の文字列に変更できます。


「ステートマシン」に戻り、2つ目の「最終ステート」をダブルクリックします。


こちらも実行結果を確認するため、「システム」>「オリジナル」>「1行を書き込む」を配置し、必要な変数等を設定します。
※この例では「 "レポートは作成不要です" 」と入力しています。


「ホーム > スタート」をクリック、または「F5キー」押下でワークフローを実行し、出力パネルを開きます。

月曜日に実行すると「 レポート作成日です 」と表示されている事を確認してください。


月曜日以外に実行すると「 レポートは作成不要です 」と表示されている事を確認してください。



印刷
E
Erina is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。