コボットPortal

トランザクションステータスの設定

「トランザクションステータスの設定」アクテビティについてです。※現在ナレッジ準備中です

1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Core.SetTransactionStatus

2.説明

Studio バージョン 2.0.3.0~

  クイックアクセス: コア>キュー>トランザクションステータスの設定

You can set the status of a transaction item to Failed or Successful.

トランザクション項目のステータスを「失敗」または「成功」に設定することができます。

3.プロパティ

プロパティ一覧のみ掲載します。
※システム内部で保有しているプロパティを記載している場合があり、コボットStudio画面内で確認不可のものが一部ございます。ご了承ください。

ContinueOnError ・・・ If you choose this, the automation will continue when it throws an error. Boolean supported only.

Details ・・・ Details of the failed Transaction. String supported only.

TimeoutMS ・・・ The amount of time (in milliseconds) to wait for the activity to run before an error is thrown. The default value is 30,000 milliseconds.

TransactionItem ・・・ The items you want to update status

DisplayName ・・・ The display name of this activity. You can edit the name of the activity to organize and structure your code better.

ErrorType ・・・ The error type that the failed transaction has thrown.
                                                       Application: a technical issue
                                                       Business: an error regarding an external factor.

Status ・・・ The status that is to be set to the transaction item.

Analytics ・・・ The custom progress status that you want to set to the TransactionItems. String supported only.

Output ・・・ A collection of additional information about the specific transaction item whose status is updated.

4.使い方

準備中

印刷
S
Saki is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。