コボットPortal


「フロースイッチ」アクティビティのご紹介をします。

1.アクティビティのプログラム名

System.Activities.Statements.FlowSwitch

2.説明

Studio バージョン ~2.0.2.0

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「フローチャート」 > 「フロースイッチ」

Studio バージョン 2.0.3.0~

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「システム」 > 「フローチャート」 > 「フロースイッチ」

このアクティビティでは、制御フローをブランチに分割し、それぞれが指定された条件に基づいて実行されます。「フローチャート」アクティティ内でのみ使用できます。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.1.1.1、2.1.1.2
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他TypeArgumentドロップダウン選択条件分岐のCaseの中で使用する要素の変数の型を選択する。
値を入力(String型)条件となる式や変数を入力する。
表示名任意の文字列デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。

※稀に「表示名」プロパティがプロパティパネル上で確認できないケースがございますが、デザイナーパネル上で表示名変更ができます。(今後修正予定です)

4.使い方

「フロースイッチ」アクティビティは「フローチャート」アクティビティ内でのみ使用できるアクティビティなので、使用するためにはまず「システム」>「フローチャート」>「フローチャート」アクティビティをデザイナーパネルに配置する必要があります。

「フローチャート」アクティビティをダブルクリックで展開し、「システム」>「フローチャート」>「フロースイッチ」アクティビティを配置します。

「フロースイッチ」アクティビティを配置したら、「Start」と「フロースイッチ」アクティビティを線で連携し、そのあと分岐条件の設定を行います。

線で連携する方法

「Start」上にカーソルを合わせると、枠外に小さな四角が表示されます。小さな四角をクリックし、クリックしたまま次に実行するアクティビティ(今回は「フロースイッチ」)に移動させると矢印が表示されます。次に実行するアクティビティ枠に矢印が到達したらクリックを離します。

今回は変数「color」に格納されている文字列が「red」の場合、「blue」の場合、「green」の場合の3パターンで分岐しそれぞれメッセージを表示するワークフローを作成します。

それではまず初めに変数「color」を作成します。

画面下部にある「変数」をクリックして変数パネルを開き、以下のように変数を設定します。

  • 名前:「color」を入力
  • 変数の型:「String」を選択
  • スコープ:「シーケンス」を選択
  • 既定値:「"red"」を入力

既定値の「"」は忘れずに入力してください。

次に「フロースイッチ」アクティビティのプロパティを設定します。

プロパティパネルを開き「TypeArgument」プロパティに「String」、「式」プロパティには先ほど作成した変数「color」を設定します。

※「TypeArgument」プロパティを変更すると自動で付与されるプレフィックス部分(アクティビティに表示される数字部分)が変更されます。

次にメッセージを表示させるため、「メッセージボックス」アクティビティを配置します。

今回は条件分岐先が3パターンあるので、3つデザイナーパネルに配置しそれぞれ「フロースイッチ」アクティビティと線で連携しましょう。

「フロースイッチ」自身に向かって線をつないでしまうと無限ループになるので、間違えないようにしましょう。

次に分岐のケースを設定します。

「フロースイッチ」と「メッセージボックス」を結ぶ線上にある「Default」をクリックし、プロパティパネルを開きます。

今回はDefaultケースは設定しないので「IsDefaultCase」のチェックは外し、「Case」に「red」と設定します。

なお「Case」プロパティは「"」が不要です。

※下記画像では「IsDefaultCase」のチェックを外したため「Default」から「ケース 3」に表記が変わっています。

同様に「ケース 1」と「ケース 2」もそれぞれ「Case」プロパティを、「blue」と「green」に設定します。

次に「メッセージボックス」アクティビティに表示するメッセージを設定していきます。

初めに左側の「メッセージボックス」アクティビティをダブルクリックします。

「テキスト」プロパティに「"redは赤です"」と設定します。

「フローチャート」に移動し、同様に真ん中、右側の「メッセージボックス」にもそれぞれ「"blueは青です"」、「"greenは緑です"」と設定します。

これでワークフローは完成です。

今回は変数「color」の既定値に「red」が設定されているので、「ホーム > スタート」をクリック、または「F5キー」押下で実行すると「redは赤です」と表示されるのが確認できます。

変数「color」の既定値を「"blue"」、「"green"」に変更するとそれぞれ表示されるメッセージが変わります。


印刷
H
Hyuga is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。