コボットPortal

Excelシートコピー

Excelワークブックのシートをコピーして貼り付ける「Excelシートコピー」アクテビティについてです。

目次
  1. アクティビティのプログラム名
  2. 説明
  3. プロパティ
  4. 使い方


1.アクティビティのプログラム名

RCA.Activities.Excel.ExcelCopySheet


2.説明

  クイックアクセス: 「ツールボックス」 > 「Excel」 > 「Excelシートコピー」

「Excelアプリケーションスコープ」アクティビティ内で使用します。既に存在しているExcelワークブック内のシートをコピーし、同じワークブック内もしくは指定したワークブック内に貼り付けます。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.0.1.8
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


3.プロパティ

プロパティ項目プロパティ名入力欄説明
その他パブリックチェック項目ログにアクティビティ内の変数と引数がログファイルに書き込まれ、Centerにプッシュされる。
表示名値を入力(String型)デザイナーパネルのアクティビティ名に反映される。
移動先宛先シート名値を入力(String型)貼り付けたシートの名前に反映される。
宛先ファイルパス値を入力(String型)シートを貼り付ける先のファイルパスを指定する。
入力シート名値を入力(String型)コピー元のシート名を指定する。


4.使い方

プロジェクトフォルダ内にある「Excelシートコピーサンプル.xlsx」ファイルと「Excelシートコピー先サンプル.xlsx」を使用して使い方をご紹介します。


「Excelシートコピーサンプル.xlsx」には「template」シートが入っています。今回はこの「template」シートをコピーし、「Excelシートコピー先サンプル.xlsx」に「copy_sheet」として貼り付けます。

<コピー元になるファイル(Excelシートコピーサンプル.xlsx)>

<コピー先になるファイル(Excelシートコピー先サンプル.xlsx)>

まず、「Excel >Excelアプリケーションスコープ」アクティビティをドラッグアンドドロップでデザイナーパネルに配置します。

「ファイル>ワークブックパス」プロパティもしくはデザイナーパネル上のテキストボックス内に「"Excelシートコピーサンプル.xlsx"」を入力します。今回はプロジェクトフォルダ内に配置しているワークブックのためファイル名のみ入れていますが、相対パスや絶対パスを入れても問題ありません。

次に、「Excel>Excelシートコピー」アクティビティをドラッグアンドドロップでデザイナーパネルに配置します。

「template」シートをコピー元にしたいので、「入力>シート名」プロパティに「"template"」を入力します。

コピーした「template」シートの貼り付け先となるファイル名「Excelシートコピー先サンプル.xlsx」を「移動先>宛先ファイルパス」プロパティに入力します。

貼り付けた先のファイル上で表示されるシート名を「copy_sheet」にしたいので、「移動先>宛先シート名」プロパティに「"copy_sheet"」を入力します。

「ホーム > スタート」をクリック、または、「F5キー」押下で実行します。実行後に「Excelシートコピー先サンプル.xlsx」を開くと、「Excelシートコピーサンプル.xlsx」の「template」シートをコピーして作成された「copy_sheet」シートが追加されています。

プロパティの補足です。

  • 「宛先ファイルパス」プロパティに何も指定しない場合は、「Excelアプリケーションスコープ」アクティビティで指定したコピー元となるファイル内にシートが貼り付けされます。
  • 「宛先シート名」プロパティに何も指定しない場合は、Excelのワークブック上で手動でコピーしたときと同様に、「template (2)」などのシート名で貼り付けされます。
  • 「宛先ファイルパス」プロパティに存在していないExcelファイル名を指定した場合はそのファイル名でワークブックが新規作成され、デフォルトの「Sheet1」シートに加え、「移動先>宛先ファイルパス」プロパティで指定したシートが貼り付けされます。
印刷
松本 is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。