コボットPortal

Studioのライセンス無効化(ディアクティベート)手順

コボットStudioのライセンス無効化(ディアクティベート)の手順をご紹介します。

※動作を確認したコボットStudioのバージョン:2.2.0.2
※バージョンによって文言などが一部異なる場合がございます


まず、コボットを立ち上げ、スタート画面にある「情報」をクリックします。 

下記のような「kobot Studio」の情報画面が表示されます。この画面の「ライセンスを無効にする」をクリックします。

 

ライセンスを無効にするかの確認メッセージが表示されるので、「はい」ボタンをクリックします。


オフラインディアクティベーション画面が出現します。(※ディアクティベーションは「オフライン」でのみ、行います。)
オフラインアクティベーションのステップ1画面でリクエストが自動的にコピーされます。本画面にて「次へ>」ボタンをクリックします。 


オフラインディアクティベーション ステップ2画面で「次へ>」ボタンをクリックします。 


次にブラウザから、コボットライセンス認証用のウェブアプリ(https://license.kobot.jp)を開き、オフライン認証メニューの「ディアクティベーション」ボタンをクリックします。 

ディアクティベーション画面に、先ほどステップ1画面でコピーされたリクエストコードをペーストし、「提出」ボタンをクリックします。正常に処理されると、「Deactivate.txt」が自動的にダウンロードされます。これで、コボットライセンス認証用のウェブアプリの操作は終了です。 

コボットスタジオのオフラインディアクティベーションステップ3の画面に戻り、先ほどダウンロードした「Deactivate.txt」をインポートした後、「ディアクティベーション」ボタンをクリックします。 

正常にディアクティベートが行われると、ライセンスが正常に無効化されたとのメッセージが表示されます。「OK」ボタンをクリックして、ディアクティベート作業を終了します。 

印刷
S
Shiori is the author of this solution article.

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てずに申し訳ございません。この記事を向上させるためにフィードバックをお願い致します。